年初に発表した抱負の進捗状況を確認するシリーズの第4弾。

今回は、「読書編」について。



【スポンサード リンク】


reading


セミリタイア8年目の抱負(読書編)


読書に関する今年の抱負は異例の「目標なし」

昨年発症した「中年の読書離れ」がいまだに続いていて、トンネルを抜けるのはしばらく先になりそう。

実際、今年前半はたった7冊で終わった。

例年なら1月の時点で超えている数字だ。

この調子だと今年はセミリタイア後最悪の少なさを記録しそう。


7冊の内訳は、国内小説が5冊(昨年は27冊)、海外小説が1冊(1冊)、その他が1冊(2冊)。

この半年間で初めて読んだ作家は、青山美智子、町田その子、アルジャナン・ブラックウッドの3人。

読んでいないから仕方ないんだけど、さびしいもんだわ。



読書そのものの目標は設けなかったものの、本の断捨離については指標を定めた。

2000冊以上ある蔵書を1500冊以下にする、というものだ。

これは本気で取り組んだのよ。

今年に入ってから今日現在までに456冊をネットオフに送っており、さっき蔵書を数えてみたところ、1578冊まで減らすことができた。

かなり近づきましたな、目標に。

12月までにあと少し減らせれば、1500冊というのも見えてくるじゃないか。


目標の修正


読書の目標を持たないまま半年が過ぎたけど、これでいいとは思っていない。

蔵書を削減するためにも、ここは少しずつ読んでいかなければ。

月3冊として、半年間で21冊。

これを前半の6冊に上乗せして、27冊を今年の目標にしよう。

せめてこれぐらいはなんとかしないとね。


13歳からの「差がつく読書術」 身になる・心に残る1冊と出会える本 今だから読みたい&将来に役立つ200冊
13歳からの「差がつく読書術」 身になる・心に残る1冊と出会える本 今だから読みたい&将来に役立つ200冊大居 雄一

Amazonで詳しく見る


↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング