前回の記事では、ねこちゃんのためのプチリフォームについて書いた。

今日の記事で取り上げるプチリフォーム、それはおじいちゃんのためのもの。

そのおじいちゃんとは…



【スポンサード リンク】


2022081101


私だ。

来月には53歳になるので、自虐気味に書いてみました。


53歳と言えば、アラフィフもラストイヤー。

47歳で「アラフィフになった」と書いたのがついこないだのように思えるのに、光陰はまさにアローのごとし。

6年前の記事を読み返すと、「Wikipediaでアラフィフは47歳以上53歳以下を指す」とある。

もう一度その項目を調べてみると、この定義が変わっていてびっくりした。

アラフィフの定義は「48歳以上52歳以下」だというのだ。

前後1歳ずつ短くなっている!

あと1年は使えると思っていたアラフィフの肩書が、来月で期限切れになっちゃう!

おー、神よ!

いつの間に短くしちゃったのですか!


Wikiによれば、もう少しアラフィフでいたい自分には四捨五入というコースも残されている。

これなら54歳が終わるまでは、年齢切り下げにより現状維持が可能だ。

しかし、この禁断の果実に手を出してしまったら最後。

55歳になった途端、今度は年齢切り上げでアラカンに認定されちゃうのだ。

ノーノー四捨五入。ちゃんちゃんこはまだいらない。

仕方ないので、自称アラフィフは新定義に合わせて来月までにします。



そんなこんなで、なんだか気分はすっかりおじいちゃん。

そんなおじいちゃんのために実施したプチリフォームが、今日の本題である。

網戸に続いて手をかけたのは、お風呂

わが家のバスタブはまたぐのがなかなか大変で、バランスを取るのがちょっと難しい。

なので、「手すりがあったら楽なのに…」とずっと考えていたのだ。

今般、アラフィフ卒業・アラカン目前を機に、手すりをつけることにしたというわけ。


パイプ状のものを1本設置するだけなので、「これくらいDIYでやれるよ」という強者もいるだろう。

でも、ことは安全にかかわる話であり、プロの技術にお任せすることにした。

業者と打ち合わせをして、実際の工事は7月末にやってもらった。

3時間ほどで、長さ120cmの手すりが完成。

両端だけでなく中間部分にも支柱を入れてもらって、強度もばっちりだ。

実際に使ってみると、もうこれなしの時代には戻れないくらい便利で助かる。

これからどんどん老いていく私も安心だ。

よかったね、未来のおじいちゃん!



以上で、2回にわたってお送りしてきたプチリフォームシリーズは終了。

しばらくは手を加えるところはないかな。

「セミリタイアな日々」をさらに快適にすごせるようになって、ますます引きこもりが進みそうだ。


Vol.4 高齢化対策リフォーム入門 キンドル・リノベシリーズ (ちきりんブックス)
Vol.4 高齢化対策リフォーム入門 キンドル・リノベシリーズ (ちきりんブックス)ちきりん

Amazonで詳しく見る


↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング