3回にわたってお送りしてきた「ホームシアターのレベルアップ」シリーズ。

今日はその最終回となる「オーダーカーテン編」

一見、ホームシアターとは無関係のようで、実は重要な役割があるのだ。



【スポンサード リンク】


2022062801


今まで使っていたカーテンは、札幌引っ越し時に購入したニトリの既製品。

わが家のリビングの窓は横に広いので、ジャストなサイズが実はなかった。

そこで私がひねり出したのは、同じカーテンを2個買ってつなげる作戦。

左右ワンセットのカーテンをひとつにジョイントし、それを2つ吊り下げるのだ。

これだと横幅は余り気味だけど、なんとかカバーできた。

問題は高さ。

これこそちょうどいいのがなく、大は小を兼ねるということで、ちょっと長めのものにした。

当然すその部分が余るわけで、かれこれ7年半にわたってスケバンのロングスカート状態が続いてきた。

すそがだぼっとなると、そこにすきまができちゃって日光が結構入ってくる。

昼間でも映画に集中するために遮光1級のものを選んだのに、これは盲点だった。

なので、ずっと考えていたのだ。

オーダーカーテンほしい!


それでも我慢できないほどの不便でもなく、ずるずる7年半もつきあってしまった。

それが、ここにきてのホームシアター祭りで風向き変更。

よし、カーテンも新調しちゃおう!



今回オーダーカーテンを頼んだのは、もちろんニトリ

よく調べたわけじゃなかったけど、ニトリなら相場よりお安く上がるだろうという考えね。

5月某日、札幌駅前のエスタに入っているニトリへ出向いた私は、カーテンコーナーへ直行。

今回も遮光1級の生地を選ぶと、店員さんからオンライン採寸なるものを勧められた。

カーテンをつけたい窓周りを、スマホで見せながら採寸するというのだ。

面白そうだ。やってみよう。


というわけで採寸当日。

指示されたとおりにスマホをつないで、指示されたとおりにカメラでカーテンを映し、指示されたとおりにメジャーで長さをはかる。

自分だけで採寸するのは不安だったので、これはとても助かった。

あとは注文した生地でできあがるのを待つだけだ。


そして1ヶ月が過ぎ、先週やっと完成品が届いた。

7年半のお勤めを終えた前任者をはずし、期待の新人をレールに取り付ける。

おー、ぴったりだ!

タテは地面すれすれで、日光はほとんど入ってこない。

ヨコも余裕で閉めきれるけど、かといってだぶだぶでもなく、ホントにちょうどいい。

まるではかったみたい!

なんか感動しちゃった。

これでホームシアターの暗闇感も一歩前進、ますます映画に没頭できるというわけだ。


肝心のお値段は、7年半前に買った既製品の約3倍

これが果たして「おねだん以上」かどうかはわからないけど、ニトラーとしては「お得な買い物をした」と信じるのみだ。



以上で「ホームシアターのレベルアップ」シリーズを終了します。

これで当面はやることなさそうだわ。

中年セミリタ男の趣味自慢におつきあいいただき、ありがとうございました。


毎日に幸せを見つける ひとり暮らしの作り方
毎日に幸せを見つける ひとり暮らしの作り方KADOKAWA ライフスタイル編集部

Amazonで詳しく見る


↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング