この1週間、とにかく腰が痛い。

ここまで痛みが続くのは久しぶりだ。

「気持ちは30代」なんてうそぶいていたけど、体は年相応であることが露呈してしまった。



【スポンサード リンク】


2021101401


私と腰痛の闘いの歴史は、30年前にさかのぼる。

大学生時代に椎間板ヘルニアを患って、卒業直前に入院したのが最初。

グループで卒論を書いていたので、ミーティングは毎回私の病室だった。

その時は手術をして、なんとか卒業と入社に間に合った。


それから20年近く安泰だったのに、40歳の初老になった途端、椎間板ヘルニアが再発

ぎっくり腰からの即入院で、退院まで1ヶ月半かかった。

昔と違って滅多に手術はしなくなったようで、毎日けん引を続けていると、ある日突然痛みがすぽんと抜けて回復となった。


その後は不定期で痛みに襲われるも、数日間の我慢で元に戻るを繰り返してきた。

腰痛って、昔は安静が一番だったけど、今はそうでもないと聞く。

無理しない程度に歩いたりした方が治りは早いというから、医学の常識というのもころころ変わりすぎだ。



それで今回の痛みも、過去のものと同じだと思っていたのよ。

実際、2~3日で一度回復したしね。

それで「よし、ランチに繰り出そう!」と外に出てみたら、どうも具合が悪い。

へっぴり腰でしか歩けず、いそいそと自宅へリターン。

そしてまた激痛がぶり返してしまった。

やっぱり加齢とともに症状も進むのかしら。


今は座薬という秘密兵器で抑えているが、まだ痛みが続くようなら病院へ行こうかな。

こういうご時世なので、日頃足を運ばないところにはあんまり行きたくないんだが…


こうなった原因は大体わかっている。

長引くひきこもり生活による運動不足だ。

それで先週、ちょっと腹筋で無理をしたのが腰に祟ったのだろう。

症状が治まったらウォーキングを再開して、基礎的な体力と筋肉をつけることにしよう。



そんでもって今日の本題、おひとりさまFIREの利点と欠点だ。

今回の腰痛限定に考えると、利点は会社に迷惑をかけるという罪悪感なく一日中休んでいられるところかな。


問題は欠点

こう動けないと、ひとり暮らしはなかなかしんどい。

昨日は、トイレで座薬を打とうとしたら体が曲がらず、届かない腕を必死で伸ばしたら突然つった。

狭い空間でひとり、腰痛+アナフィラキシーショックに悶絶する52歳。

1分間ぐらいとは言えど、これは地獄よ。

それ以外も、何をするにも超スローモーション。

ちょっと動きを間違えると、「隙あり!」と言わんばかりに痛みが襲撃してくる。

自分のケアは自分でするしかなく、世の独居老人の労苦を味わっております。



それでも、腰痛なんぞに負けて何もできなくなるのは屈辱的。

座薬が効いている間はまあまあ動けるので、今日は2か月ぶりに映画館に行ってきた。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の新作、「シャン・チー テン・リングスの伝説」だ。

【シャン・チー テン・リングスの伝説 予告編】

本当は先週観る予定だったんだけど、腰痛で先延ばしにしていたのよ。

治るのを待っていたら、今日で最終上映日になってしまった。

MCUを見逃す気はなかったので、弱る腰に鞭を打ってユナイテッドシネマに行ってきた。

座薬のおかげで、新しいマーベルヒーロー誕生譚をしっかり堪能。

さあ次は「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」だ。



映画館の帰り道、大通公園を通ったら白い虫が飛びまくっていた。

それは、雪虫

週末は札幌にも雪が降るかもね。

腰、早く治らないかな。


Tarzan特別編集 肩こり 腰痛 撃退BOOK 完全版
Tarzan特別編集 肩こり 腰痛 撃退BOOK 完全版マガジンハウス

Amazonで詳しく見る



↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング