2014年11月1日にスタートした私のセミリタイア生活も、昨日で丸7年

セミリタ系ブログ界では古参の部類かしら?

FIRE世代から見たら、50代のセミリタイアはもうロートル?

いやいや、若いもんにはまだまだ負けんぞい!



【スポンサード リンク】


2021110201


【セミリタイア記念日の記事】

7周年って他の年よりも特別なアニバーサリー感があるけど、実際はそうでもない。

本当はこの記事も記念日当日にアップしようと考えていたのに、昨日になったら見事に抜けちゃった。

はたと気づいたのは夜の10時で、「ま、明日でいいか」とスルーしちゃったのでした。



去年の記念日記事を読むと、新コロナウイルス元年らしいことが書いてあった。

「大変だけど逆手にとって充実してます」みたいなね。

あれから1年。

日々の新規感染者数も激減し、明るい兆しが見えてきた気もするが、足元の生活はまったく変わっていない。

たまの買い出しと近所のランチ、月1回程度の映画館という「ほぼひきこもりん」はしばらく続きそう。

今のライフスタイルが快適だったりして、世間が通常営業に戻っても、それに合わせようという気持ちが起きないのよ。

それでも来年には「おかえりモネ」の最終回で見たような光景が訪れてほしいし、そうなったらこの穴倉暮らしも少しは変わるかもしれない。

完全にコロナ前に戻るのは無理だろうけどね。

人に会うのまだ怖いもん。



セミリタイア8年目に突入した目下の懸念は、健康面

先月から悩まされている腰痛は通院と痛み止めと湿布とコルセットによって、ここにきてやっと楽になってきた。

でも悪魔はまだ腰の奥に残っていて、自由に体を動かせるまでには至っていない。

こんなに長引くのは前代未聞だ。

しかも、セミリタイア生活始まって以来の運動不足のせいか、体重は右肩上がり。

今年6月には73kg台まで減ったのに、最近は毎日76kg前後を記録している。

そんなに食べているわけではないんだけどなあ。

…いや、食べちゃっているかも。

体重の増加グラフとフードデリバリーの利用期間が、見事に重なっているのだ。

ここにメスを入れるとともに運動も軽いメニューから再開して、おなかぷくぷく問題の打破を図りたい。



思えば7年前の今日は土曜日で会社もお休みだったから、セミリタイアした実感はあまりなかった。

でも、気分は悪くなかったね。

新しい人生にかじを切った幸福感に包まれていたもの。

それが今や当たり前となってしまい、コロナのせいで不自由な面もあり、「うーん幸せ」と浸れる瞬間が減ってしまっている。

いかんいかん、初心に戻らねば。

好きなときに好きなことを好きなだけできて、お金や人間関係で悩むことなくストレスフリーな毎日を送れていることに感謝しなきゃ。

そしてこの生活を少しでも長く続けられるよう、日々の努力を怠らないようにしなければ。

ふんどしを締め直すことにした独身セミリタ中年のTaoを、これからもよろしくお願いします。


これまでしないといけないことばかりしてきたんやから、これからはしたいことだけしたらええやん: 評価を追い求める人生をやめて心地良く生きるための教科書
これまでしないといけないことばかりしてきたんやから、これからはしたいことだけしたらええやん: 評価を追い求める人生をやめて心地良く生きるための教科書吉本 哲也

Amazonで詳しく見る



↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング