サントリーHD社長の「45歳定年制」発言が賛否両論となっている。

ここはひとつこの私が、ビシッと白黒つけてみよう。

誰に言われるでもなく、45歳でセミリタイアしたのだから。



【スポンサード リンク】


2021091401


問題の発言はこちら。

45歳定年制導入を コロナ後の変革で―サントリー新浪氏
サントリーホールディングスの新浪剛史社長は9日、(中略)「45歳定年制を敷いて会社に頼らない姿勢が必要だ」と述べた。
(時事ドットコムニュース 2021/9/9)

この発言が波紋を呼び、翌日にはこんな釈明も。

「首切りではない」 45歳定年制でサントリーHDの新浪社長釈明
サントリーホールディングスの新浪剛史社長は10日の記者会見で、(中略)「首切りをするということでは全くない」と釈明した。新浪氏は「45歳は(人生の)節目」とした上で、「スタートアップ(への転職)とか、社会がいろいろな選択肢を提供できる仕組みが必要だ。場合によっては出戻りがあってもいい」と説明した。
(時事ドットコムニュース 2021/9/10)

これらの記事を転載したYahoo!ニュースのコメント欄は、罵詈雑言の嵐。

そのほとんどが、45歳定年制が現実になったら路頭に迷う人たちの悲痛な叫びに思われた。

でも、これこそが資本家の本心だよね。

無駄な金は1円も出したくない経営者が、中高年の従業員に「高い給料払うのイヤ」と考えても不思議ではない。

資本家と労働者が対立する立場である以上、本音ベースで意見が交わることなんかないでしょう。



さて、ここからが本題。

私は資本家でも労働者でもないセミリタイアおじさんだけど、実際に45歳で自己都合退職しているので、本件についてひとこと申し上げる権利はあるはず。

このブログでも、
と、この国の定年制について考えを述べてきた。

基本的に45歳の定年は全然ありだし、逆に現実の65歳とか70歳とか、将来の75歳なんてもう悪夢でしかない。

そうしないと社会保障がにっちもさっちもいかないのはわかるんだけど、自分の話ならノーの一択だ。

45歳でのリセットは、自分の人生を見つめ直すチャンスにもなりうるしね。


ただ、定年制そのものに疑問があるので、それが45歳だとしても積極的に支持する気はない。

自分の去り際は、自分で決めればいいのよ。

FIREできる資産があるなら、若くてもとっとと辞めたっていい。

仕事が人生において欠かせないものなら、長く働き続ければいい。

その辺を考えるのが面倒な人は、一切を会社に任せてしまってもいいし、実際そういう人が多いのもわかっている。

それで突然「45歳でクビ」なんて話が出てきたら、脊髄反射で文句の一つも言いたくなるわね。

だけど、本来自分で考えるべきことを考えるきっかけになったんなら、決して悪くない提言だったんじゃない?



この件について、いろんな人がいろんな意見を言っているが、私が一番しっくりきたのがこちらの記事。



「45歳定年」は必要ない
新浪さんの45歳定年発言の真意は、いい大人である45歳ぐらいになれば、「会社に頼らず」に自分のキャリアは自分で切り開くという姿勢が大切だということなのだと思います。(中略)ご発言の真意が「首切りではない」のであれば、年齢を条件とした強制的な退職を意味する「定年」は必要ないでしょう。そもそも職業選択の自由ですから、45歳で辞めようと思えば、定年がなくとも辞められます。

結論出たね。

上記以外にもうなずける部分が多かったので、ご一読をおすすめします。


45歳の教科書 ――モードチェンジのすすめ (ちくま文庫)
45歳の教科書 ――モードチェンジのすすめ (ちくま文庫)藤原 和博

Amazonで詳しく見る



↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング