新型コロナのワクチン接種率が低迷しているここ札幌市も、やっとエンジンがかかってきた。

昨日から基礎疾患ある人への接種券発送が始まり、残った64歳以下の市民へも、7月13日以降に発送されるらしい。

私のところへも、今月中には届くかな?



【スポンサード リンク】


2021070101


当初は急ごしらえのワクチンに対する不安から、しばらく様子見しようと考えていた私。

しかし今年1月にPCR検査を受けてからは、「ちょっと早く打ってよ」派に転向した。

身近な脅威に感じると、人って簡単に宗派を変えるのね。

以後、「札幌在住51歳の無職はいつワクチンを打てるの?」と、札幌市の動きを注視してきた。



ところが、である。

待たされているうちに、今度は具体的な「ワクチン怖い」情報も耳に飛び込んでくるようになった。

多分にデマを含んでいるのだろうが、話半分に聞いたとしても、「もう少し後でもいいかな…」という気分になってきちゃったのだ。

人と接する機会が多かったり、アクティブな生活スタイルの人はワクチンをどんどん打って社会を回してもらえばいいけど、一線を退いて隠遁ライフを送っている私のようなおひとりさまは、あわてて打たなくてもいいのでは?

社会的な集団免疫は、ソーシャルライフを送る人たちで獲得してもらえれば、とてもありがたい。

そう考えると、ワクチンを打つリスクがとても大きなものに見えてきたのだ。

うーん、どうしよう。

少なくとも、接種希望者が予約待ちしている状況では、ずーっと後回しにされてもいいかな。



そんな折り、札幌市がこんな取り組みをするというニュースが。

札幌市「ワクチンロスゼロセンター」開設 7月より
札幌市は新型コロナのワクチン接種で急なキャンセル等が出た医療機関と、早めのワクチン接種を希望する市民をつなげる「ワクチンロスゼロセンター」を7月1日より開始します。
(HTB北海道ニュース 2021/6/29)

具体的には、こんな流れになるらしい。
【接種までの流れ】
7月1日以降の土日祝日を除く毎日、午後3時に札幌市がホームページなどでワクチンの余剰についての情報を公表します。
発表後から午後4時までの間に電話受付を行い、予約が取れた場合、当日の午後4時半以降、各医療機関で接種する流れです。
(同上)

LINEやtwitterに登録しておけば、毎日午後3時に通知が届くので、それで予約して当日接種するという仕組み。

これ、いいかも。

余ったワクチンを回してもらう方がささやかな社会貢献になるし、受けたくなければそのときが来るまで、通知を放置すればいい。

自分のタイミングはまだまだ先という感じがするので、このシステムを確認しながら、時が満ちるのを待とうかな。



そう考えて、さっそくLINEとtwitterの両方に登録。

初日である本日午後3時の通知を待った。

ところが、気がつくと時間を過ぎていたのに、スマホにLINEからのプッシュ通知はなし。

あれ?どうしたん?

初日から問題発生か?


そこで、札幌市広報部のツイートを確認してみると、


というのがあった。

今日はワクチンがちゃんと使いきられたようだ。

まだ始まったばかりだから、余剰分を登録するという作業が認識されていないのかもしれない。

これは今後に期待かな。



いずれにせよ、私のワクチンスタンスは決定した。

しばらくは、世の中の動向とにらめっこだ。

なので、基本的な感染防止対策も今まで通り。

今年下半期も警戒度MAXで、ウルトラインドアに生きるのだ。


新型コロナワクチンの疑問がわかる本
新型コロナワクチンの疑問がわかる本ひろ

Amazonで詳しく見る



↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング