明後日26日は、第93回アカデミー賞の授賞式。

新型コロナウイルスの影響で、昨年と比べると2ヶ月半もずれ込んでのセレモニーだ。

直前となった今日は、毎年恒例の予想記事を書くことにしたい。

(ネタバレはありません)



【スポンサード リンク】


2018030501


作品賞にノミネートされた8本のうち、「ノマドランド」「ミナリ」「マンク」「シカゴ7裁判」の4本しか観ていない。

これで予想するのは無謀というものだが、日本でまだ公開されていないのだから仕方がない。

それでも、受賞作を左右するポイントは決まっているので、それを念頭に置いていけばさほど難しくはないだろう。

それは、多様性だ。


韓国発の「パラサイト」が総なめした昨年から、アカデミー賞には激しい地殻変動が起きている。

男性・白人・米国人よりも女性・非白人・外国人を積極的に評価する動きは、今年さらに強くなるだろう。

そうしないと、やたら批判されちゃうしね。

それはそれで公正じゃないんじゃないの?と思わないでもないが、それが今の世の中なのだ。



この流れを踏まえて主要部門を予想してみると、次の通り。

部門予想
作品賞ノマドランド
監督賞クロエ・ジャオ
「ノマドランド」
主演
男優賞
チャドウィック・ボーズマン
「マ・レイニーのブラックボトム」
主演
女優賞
フランシス・マクドーマンド
「ノマドランド」
助演
男優賞
ダニエル・カルーヤ
「Judas and the Black Messiah」
助演
女優賞
ユン・ヨジョン
「ミナリ」

個別に見ていこう。


作品賞


今年は、「ノマドランド」「ミナリ」の一騎打ちだ。

ちょっと前なら、ハリウッドの内幕を描いた「マンク」が最有力だったはずだが、白人ばかりの配信作品は今かなり分が悪い。

一方、「ノマドランド」の監督は中国出身だし、「ミナリ」はほぼ韓国映画なので、時流には乗っている。

そして、前哨戦の映画賞を席巻しているのは「ノマドランド」だ。

一見淡々と進む地味な作品だが、ひと皮むけばうねり返る感情にあふれている。

コロナに打ちひしがれた人々の心に強く訴えかける、ずば抜けて豊潤な映画らしい映画だった。

「ミナリ」も悪くはないのだが、「ノマドランド」の前では格が違いすぎだ。


というわけで、まったく迷うことなく私は「ノマドランド」と予想した。


監督賞


こちらも作品賞と同様、「ノマドランド」のクロエ・ジャオと「ミナリ」のリー・アイザック・チョンの一騎打ち。

作品賞の評価がそのまま当てはまって、ジャオ監督が順当に受賞するんじゃないかな。

初のアジア人女性監督という多様性要素も十分に満たしているし。

本来なら「マンク」のデイヴィッド・フィンチャー監督にそろそろ栄誉をあげたいところだけど、今年はちょっと相手が悪い。


というわけで、私はジャオ監督と予想した。


主演男優賞


この部門の最有力は、「マ・レイニーのブラックボトム」のチャドウィック・ボーズマン

昨年8月、43歳の若さで亡くなったブラックパンサーだ。

「ダークナイト」のヒース・レジャーに続く追悼受賞になりそう。


ただ、この作品の役どころは、正直あんまり心に響かなかったのよね。

となると、対抗馬のアンソニー・ホプキンスが気になるところ。

未見だけど、「ファーザー」での認知症演技がものすごいらしい。

83歳で現役バリバリの名優には、二度めのオスカーを献上したい気もするのだ。


でも、やっぱりボーズマンかな。

「ブラックパンサー」や「ザ・ファイブ・ブラッズ」など、ノミネートされなかった映画の評価も含めると、彼しかいない。


というわけで、私はボーズマンと予想した。


主演女優賞


「ノマドランド」のフランシス・マクドーマンドと「プロミシング・ヤング・ウーマン」のキャリー・マリガンで迷うところ。

大本命は、アカデミー賞受けがすごいマクドーマンドだ。

セリフや動きに頼らない演技が実に雄弁で、強烈な印象の過去作品に引けを取らないすばらしさだった。

しかし、前哨戦の結果を見ると、未見のマリガンもかなりインパクトが強いらしい。

マクドーマンドの三度目の受賞を阻止するなら、着々とキャリアを築いてきた彼女だろう。

もうどっちでもいいのだが、鑑賞済みというだけでマクドーマンドに軍配を上げることにした。


なお、多様性を重視するなら、「マ・レイニーのブラックボトム」で圧巻の演技を見せたヴィオラ・デイヴィスも無視できない。

でも、白人がひとりも受賞しないのも偏りすぎなので、受賞歴のあるデイヴィスには今回涙をのんでもらおう。


というわけで、私はマクドーマンドと予想した。


助演男優賞


この部門で鑑賞済みは、「シカゴ7裁判」のサシャ・バロン・コーエンだけ。

でも、前哨戦の様子を見ると、今年は彼の年じゃなさそう。

未見の中からひとり選ぶなら、「Judas and the Black Messiah」のダニエル・カルーヤかな。

他のノミネート者をよく知らないのよね。ただそれだけ。

「サウンド・オブ・メタル」のポール・レイシーも評価が高いみたいだけど、多様性基準で考えると白人は選びにくい。


というわけで、私はカルーヤと予想した。


助演女優賞


この部門には8回目のノミネートとなる無冠の女王、グレン・クローズがいる。

もうそろそろオスカーあげないと、これはこれでイジメのようにも見えるね。

ただ、該当作品の「ヒルビリー・エレジー」は期待したほど面白くなかったし、クローズならもっと評価すべき過去作がたくさんある。

となると、彼女以外から選ぶしかない。

多様性を踏まえるなら、「ミナリ」のユン・ヨジョン一択だ。

あの全人種全世代に訴えかけるおばあちゃんっぷりは、アカデミー賞の歴史に残すべき名演技だった。

ここまであの映画からの受賞がないことを考えても、他の名優を抑えるだけの意味がありそう。


というわけで、私はヨジョンと予想した。



以上が、今年のアカデミー賞の予想でした。

さて、どんだけ当たるかしら?

結果は27日の記事で。


スリー・ビルボード (字幕版)
スリー・ビルボード (字幕版)フランシス・マクドーマンド, ウディ・ハレルソン

Amazonで詳しく見る


↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング