コロナ禍で期間延長されていた確定申告も、今日が〆切日。

まだいいか、まだいいかと作業を先延ばしにしてきたが、そうも言っていられなくなった。

はい、提出しましたよ。今年もギリギリで。



【スポンサード リンク】


2021041501


私が重い腰を上げたのは、昨夜11時だった。

1時間かかって帳簿を仕上げ、e-Taxで書類を整備し、一度提出したあとで間違いに気づき、訂正後再提出したのが午前2時。

去年は5時間も悪戦苦闘したので、3時間はまだいい方かな。

今年は、私の人生でもっとも遅い確定申告となった。


2021041502


セミリタイアして収入が激減したせいで、所得税についてはずっと無税が続いてきた。

しかし、そんな状態も去年まで。

なんと今年は、支払いが発生してしまったのだ。

厳密にはすでに源泉徴収されており、還付金が戻ってくるのだが、残念ながら全額返還ではない。

差し引きすると、1万円ほどの納税額。

基礎控除が10万円アップしたにもかかわらず、である。

OH!なんてこったい!



詳細は省くが、家賃以外の収入が増えたのと、控除額を減らしてしまったのが大きな理由。

収入については今後毎年発生する予定であり、計算上所得がアップするのは仕方がない。

でも、控除額については私のミスだ。

収入増になることはわかっていたのに、去年iDeCoの掛金を減額しちゃったのよね。

不動産所得を無税にするために必要な控除額を計算したら、これまでのiDeCoの掛金は過大で、受取時の課税リスクを上げるだけだった。

それで減らしてみた矢先に、今回の収入増がぶつかって、控除しきれない所得が発生してしまったのだ。

ホント、凡ミス。悔やんでも悔やみきれない。

iDeCoの掛金変更は年1回しかできず、今年に入って速攻で元に戻した。

なので、来年は多分また無税になる予定だ。



ただ、実はもっと大きな問題が控えている。

それは、住民税(所得割)国民健康保険料だ。

特に国保は控除前の所得で計算されるので、収入増がダイレクトに反映してドーンとアップしてしまう。

増え幅を試算してみると、最大で年間約10万円!

10回分割だと、1回あたり1万円も増えちゃう。

これはちょっと大きいよー、大きすぎる。

阻止する方法をいろいろ考えたんだけど、打つ手はなさそう。

納付通知が届くの、今から怖いわー。


投資で損失が出た!?確定申告で節税だ!: 所得税の還付に住民税の控除、仕組みと手順を解説
投資で損失が出た!?確定申告で節税だ!: 所得税の還付に住民税の控除、仕組みと手順を解説ミツル

Amazonで詳しく見る



↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング