いつもキャッシュレスで支払いを済ませている私。

財布を取り出すのは、ひいきにしている一部飲食店(現金オンリー)ぐらいしかない。

そんな非現金主義者にあるまじき出来事が、先日起こった。



【スポンサード リンク】


2021040601


某カレー店で期間限定メニューをおいしくいただき、いざお会計。

「Go To Eat」のポイントを使い、足が出た分を払おうと楽天カードを取り出した。

スロットに差し込み、「暗証番号をお願いします」と言われ、指が止まった。

あれ?何だったっけ?

楽天カードは私のメインクレカなので何度も打ち込んでいるのに、このときは全然頭に浮かんでこなかったのだ。

それらしき数字をプッシュすれども、どれもブブー。

「サインにしますか?」と助け船を出され、それにすがりついたのでした。


その帰り道、よく行くスーパーで買い物をして、また楽天カードをスロットに入れた。

このお店は暗証番号なしで決済できるので、思い出せなくても大丈夫。

…と思いきや、「こちらのカードは使用できません」と表示されてしまったのだ。

さっきのお店で何回も間違えたから、ロックがかかってしまったようだ。

仕方なく、滅多に出番のない三井住友カードを取り出し、なんとか急場をしのいだのでした。



でも、こういうのは時間を置けばデフォルトに戻るはず。

翌日も同じスーパーに行って、楽天カードで再チャレンジ!

すると、結果は同じで「使用できません」

あーあ、完全に使えなくなっちゃったみたいだ。

OH、なってこったい!


調べてみると楽天カードにも2種類あって、磁気ストライプ方式だと翌日にはロック解除されるのだが、ICチップ方式だとカードそのものが使えなくなるらしい。

果たして私の楽天カードは…ICチップ方式であった。トホホ…

やむなく作り直しの手続きをして、現在は新カードが届くのを待っているところだ。

いやはや、まいったね。



カードの作り直しもショックだが、なんといっても暗証番号をど忘れしたことの衝撃は大きい。

ついに私にもアルツハイマーの兆候が?

人やものの名前が出てこないのは日常茶飯事だけど、「だって51歳だもの」とあまり気にしていなかった。

でも、これだけキャッシュレス派を自称していながら、もっとも大事な4桁の数字が出てこないってどういうことよ。


言い訳をさせてもらえば、ここんとこずっと暗証番号を使う場面がなかったのは事実。

大半はペイペイなどのスマホ決済で済んじゃうし、クレカを使うにしても、前述のスーパーのように暗証番号は不要なところばかりだった。

前回キーパッドを押したのはいつだったかな…うーん、相当昔だな。

通販で入力が必要になったときも、ブラウザやスマホに記憶させているから、覚えていなくても買い物できちゃうし。

でも…やっぱりこれは言い訳だ。

老いは急速に進んでいるのかもしれない。

何か脳トレ的なものを始めた方がいいかしら?



なお、暗証番号はその後ちゃんと思い出しました。

すっごく簡単な数字であり、「なんでこれを思い出せなかったの…」とまた落ち込んだりして。

絶対忘れないようにしようっと。(忘れたらまた三井住友カードの出番)



気づいたら物忘れがなくなる脳活ドリル 3ヶ月で脳が若返る!
気づいたら物忘れがなくなる脳活ドリル 3ヶ月で脳が若返る!篠原 菊紀

Amazonで詳しく見る


↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング