勢力拡大に余念のない札幌の新型コロナウィルス。

長い「集中対策期間」が終了したのに、市民には明日またイエローカードが出されちゃうらしい。



【スポンサード リンク】


2021032501


道が札幌対象に外出・往来自粛要請へ
道は25日、札幌市内で新型コロナウイルスの新規感染者が増加傾向にあることを受け、同市を対象に不要不急の外出と他地域との往来の自粛を要請する方針を固めた。期間は27日から来月16日までとする方向で市側と調整している。(中略)
直近1週間の新規感染者数は307人で、人口10万人当たり「15.7人」となり、道独自の警戒ステージ「4」の目安である「15人」を上回る。感染力が強い変異株も札幌を中心に拡大しつつある。
(北海道新聞 2021/3/25)

すでにステージ「4」相当に戻ってしまっていたのは、少なからずショックだ。

でも、ちょっと水面下にもぐった程度で警戒を解いたのだから、すぐにリバウンドしてもおかしくはない。

それよりも、得体のしれない変異種ってのがこんなに早く北海道に上陸して、侵攻を進めているのが心配。

もう実際のところ、流行の中心はこいつなんだろうなあ。

春を迎えて気をゆるめるどころか、過去最大の危機意識で挑むぐらいでないと、予防策のすきまにサッと入り込んできそうだ。

この春も、セミリタイアの本領発揮で引きこもりまくるしかない!



そんな中、東京五輪の聖火ランナーが福島県でスタートした。

なし崩し的に五輪そのものも、スケジュールに沿って開催されるのだろう。

「まさかこんな状況でやらないでしょ」と高をくくっていたのだが、強行派の強権力をあなどっていたようだ。

東京だけでやるんなら別に構わないんだけど、札幌はサッカー予選に加えて、知事と市長が安請け合いしたマラソン&競歩が控えている。

もしこれらが実行されたなら、「賛成?反対?五輪開催」という記事で書いた通り、私は食材を買い込んで、期間中の完全ひきこもりを敢行するつもり。

聖火が市内を駆け抜ける6月14日も同様だ。

6月はアマプラに加入しての「映画&ドラマ月」、7月は「読書集中月」、8月は「ドラマ集中月」の予定なので、「がんばれニッポン!」とやっている余裕は皆無。

やりたい人、観たい人だけで盛り上がっておくんなさい。



あ、開会式だけはテレビで観たいわ。

リオの閉会式で日本のプレゼンを観たときは純粋に期待した。

でも今は、「これから責任者選び直して、あと4ヶ月でどうすんの?」という邪な好奇心ね。

性格悪いかしら、アタシ。


新型コロナウイルス感染記
新型コロナウイルス感染記佐竹 敦

Amazonで詳しく見る

 

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング