今日はあまり時間がないので、サクっと書けそうなネタをネットで探してみた。

ありましたよ。

今日のテーマは、「(笑)問題」だ。



【スポンサード リンク】


2021022001


「(笑)は、ちょっともう古い」 20代に聞いた、(笑)・笑・w・wwwのどれを使うべきか問題
「ここで“(笑)”って入れたほうがいいかな……?」
仕事で上司や取引先にメールを打っているとき、好きな人にLINEでメッセージを送ろうとしたとき、ふとこんなふうに逡巡すること、ありませんか?

文末に“(笑)”をつけたほうが冗談っぽくなっていいよね?
でも上から目線でバカにされたって思われたらどうしよう?
そもそも“(笑)”より“www”のほうが、フランクになっていいかな?
そういえば“()”を付けずに“笑”って使う人もいるし、“www”と連続させずに“w”の一文字ですます人もいるな。これってどう使い分ければいいんだろ?

……そんな「(笑)問題」、誰もが一度は直面したことがあるでしょうが、なかなか答えの出ない難問でもあります。
(文春オンライン 2021/2/19)

今日は時間がないので、もう結論。

(笑)は使わない!

もちろん、「笑」も「www」も「w」も「草」も「lol」も使わない。

このブログでも、他人の引用を除いて、これらのワードを書いたことは一度もない。

理由は簡単。

文章のキレが悪くなるから。


以前、「個人的にはブログで使わない方がいいと思う言葉」という記事で、「個人的」と「思う」は極力使わないようにしていると書いた。

この記事の中で、「個人的」という言葉を使いたくなる心境を、
「ちょっと強めに書いちゃったけど、これはあくまで私の勝手な考えだから、読んで気を悪くしたとしても、『そんな考えもあるんだ』ぐらいでスルーして、間違ってもクレームなんてつけてこないでね」
と表現した。

(笑)を使いたくなる感覚も、これに近いんじゃないかな。

言葉のインパクトとは裏腹の、冗談半分というニュアンスを出したいんでしょ?

和を貴ぶ日本人らしい配慮だわ。



私も昔は(笑)を使っていた。

20年前だと乱発大安売り状態で、文章はもう(笑)だらけ。

10年前になると頻度は激減したものの、たまに使うことに抵抗はなかった。


でも、「World end ~セミリタイアな日々~」でついに、(笑)からの卒業を決意。

セミリタイアという人生最大の決断を綴るにあたって、あいまいな書き方はできるだけ避けたかったのだ。

その心構えでブログを始めてみたが、(笑)がなくても全然困らーず。

どうしても笑いの感情を追加したい時は、(笑)ではなく「ハハハ」とはっきり笑う。

その「ハハハ」も、実際に記事を数えてみたら数本しかなかった。

だから、なくてもいいのよ。

ない方が文章がビシッとしまって、主張がはっきりするのよ。

これからも、このブログで(笑)は絶対に使いません!

もし思わず使ってしまったら、責任を取ってブロガーを引退します!(笑)


「くだらない」文化を考える ネットカルチャーの社会学
「くだらない」文化を考える ネットカルチャーの社会学平井 智尚

Amazonで詳しく見る



↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング