北海道で新型コロナウイルス感染者が初めて確認されニュースになったのが、ちょうど1年前の今日

あれから長いトンネル生活が始まり、今も先行き不明な日々が続いている。

これまでなんとかウイルスから逃れ続けてきた私だが、先日ついにPCR検査を受ける事態となった。



【スポンサード リンク】


2021012801


いろいろ考えた結果、症状の詳細については伏せることにする。

ただ、「熱が出た」「咳が続く」「息苦しい」「味がしない」「匂いがしない」「頭が痛い」など、巷間よく耳にする典型的な症状が出たわけではない。

きっかけは、先日記事にした居酒屋ランチ

このとき気になったある不快感が、帰宅してもしばらく続いたのだ。

「これはコロナではないよな」と高をくくっていたのだが、素人なので否定できる根拠もない。

いわゆる無症状感染者だった…ということもあり得る。

それでも、これまで通りの隠遁生活を続けていけば問題はないと思う一方で、そう言ってもいられない事情があった。

それは、間近に迫った胃がん検診

予約を入れていたのが、この異変の数日後だったのだ。

もし受診するのなら、モヤモヤは解消しておいた方がいい。



そんな背景もあって、私は専門家に相談することにした。

明らかに症状がある場合は「救急安心センターさっぽろ」が窓口になっているが、私の場合はほぼ無症状。

この場合は、「札幌市新型コロナウイルス一般相談窓口」で受け付けているらしい。

電話してみると、すぐにつながった。

自分の状況を説明すると、そこでは解決しないようで、別の専門家に引き継がれた。

たくさん質問された結果、PCR検査を受けることになったのだ。



検査の流れは、
  • 唾液を取る検査キットが郵送される
  • 唾液を取り、保健所前に設置されている回収ボックスに入れる
  • 陰性ならメールで、陽性なら電話で数日以内に連絡が入る
というもの。

相談の2日後に届いた検査キットが、こちら。

2021012802

とってもシンプルだわ。

この容器に、朝から飲まず食わず状態の唾液を入れて、キャップをしっかりしめて、ジップロックに密閉。

これを保健所まで持っていくのだが、あいにく外はブリザードな天気だった。

唾液は当日中に提出しないといけないので、翌日への順延はダメ。

タクシーに乗るリスクも取りたくない私は、結局歩いていくことにした。

途中何度かホワイトアウトに巻き込まれ、街なかでビパークを検討するほどだったが、なんとか保健所に到着。

入口の前に置いてある回収ボックスに袋を投入し、陰性祈願の合掌をして、来た道を取って返した。



そして翌日。

陰性ならメールで連絡が来るはずなので、朝から気もそぞろに着信を待つ。

午前10時5分、そのときは来た。

届いたメールを開いてみると、

タイトル:(札幌市保健所)検査結果の連絡(〇〇様)
札幌市保健所です。先日の新型コロナウイルス感染症の結果は陰性でした。

よかったー! 信じていたよ!

きっと大丈夫と思っていたものの、結果がはっきりしてホント安心した。

PCR検査の精度は8割とも7割とも言われており、絶対に正しいというものではないのはわかっている。

それでも、念のための検査だったからホッとしたわ。



今回の件で、新型コロナウイルスをさらに身近な脅威として認識した。

コロナにかからない」が今年の健康面の目標なので、改めて兜の緒を締めて、ふんどしを締め直し、靴紐を結び直すことにしたい。

国が準備を進めているワクチンについても、「どうしようかなー」派から「できるだけ早く打ちたい」派に路線変更。

できる対策はすべてやるのだ。


ちゃんと知りたい! 新型コロナの科学 人類は「未知のウイルス」にどこまで迫っているか
ちゃんと知りたい! 新型コロナの科学 人類は「未知のウイルス」にどこまで迫っているか出村政彬

Amazonで詳しく見る



↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング