先日、今年最初となる劇場での映画鑑賞に行ってきた。

そして、映画満喫後にランチで入った店で痛恨の一撃をくらった。

今日は、この2本立てでお送りします!

(ネタバレはありません)



【スポンサード リンク】


2021012601


今年の映画館初めは「ワンダーウーマン 1984」


海外の大作が次々と上映延期される中、本作だけは昨年末に公開された。

こういうド派手な映画は、やはり大スクリーンで観ておきたい。

でも、コロナも怖い。

そこでいつもの、「公開後しばらくたってから観に行く作戦」を敢行。

今月半ばのクラブスパイス会員デーに、ユナイテッドシネマ札幌へ向かったのだ。


予約サイトで混んでいないことを確認し、開場時間ギリギリにチケットを購入。

周りに誰も座っていないベストシートを確保した。

通路に設置してあった消毒液とティッシュを使って、いすを隅々まで除菌。

人間にもウイルスにも邪魔されずに、2時間半のアマゾネス冒険譚を堪能した。

出来は前作「ワンダーウーマン」の方が上だけど、こういう新作に飢えていたので、ありがたい気持ちでいっぱい。

「007」も「ブラック・ウィドウ」も「デューン」も、早く観たいわー。


外出自粛中ではあるけれど、公開中の「新感染」の続編、来月公開の「すばらしき世界」、そして「ヒッチャー」のニューリマスター版は、何があっても観るつもり。

50%制限復活してくれないかなー。

安心して観に行けるのに。



ランチでうっかり入ってしまった「全席喫煙可」のお店


「Go To Eat」が制限つきで解除され、さっそく「えびそば一幻」で食事券を使わせてもらった。

よし、たくさんあるポイントも消化していこうじゃないの。

そう考えて映画終了後に直行したのが、ランチもやっている某居酒屋。

コロナ前に何度か利用したことがあり、リーズナブルなメニューが気に入っていた。

ホットペッパーのポイントが利用できたので、しばらくぶりに予約したのだが、これが大きなミステイク。

全席喫煙可の店だったのだ。


以前に利用したときも喫煙可ではあったのだが、ランチタイムなら我慢できないこともなかった。

しかし、昨年4月の健康増進法改正後、状況は変わったらしい。

ランチタイムでも吸いたい人が一部の喫煙OK店に集中するようになり、モクモク度が爆上がりしていたのだ。

そういう店であることはうたっているのだから、悪いのはちゃんと調べずにのこのこ入ってきた私の方。

周囲から流れてくる煙にじっと耐え、ろくに味わいもせずに定食を平らげ、速攻で店を出た。

いやー、参ったわ。



もう一度書くが、喫煙に関してこの店には罪はなく、非はすべて私にある。

しかし、私をどん底まで滅入らせたのは、実は煙ではない。

それはもちろん、新型コロナウイルスだ。


まず、たばこを吸う人は、基本的にマスクを外しっぱなしにしている。

吸い終わったらマスクをし直すなんてことはしない。

加えて、時短要請で飲み時間を前倒しにしたのか、私以外の客はほぼ全員、平日の午後2時からジョッキを傾けている。

アルコールで気分がよくなっているから、コロナ騒ぎなんてどこ吹く風で、マスクというツールはこの世に存在しないかのよう。

みんな顔を突き合わせて、至近距離で歓談して、見えない何かを飛ばしまくっている。

まるでそこだけ、ビフォーコロナの時代にタイムスリップしたみたい。

本当にそうだったら私も甘んじて受け入れるのだが、実際には2021年1月の昼下がりの札幌の居酒屋だ。

そうか、こういう店には、「コロナなんて関係ない」という豪傑ばかりが集まるんだ。

私が足を踏み入れちゃいけない世界だったんだ。

いやー、大失敗したわ。



喫煙可の居酒屋はたとえランチタイムでも絶対に入らない。

これが今回の教訓でした。


感染症時代のマスクの教科書 ~的確に選んで、正しくつける~
感染症時代のマスクの教科書 ~的確に選んで、正しくつける~飯田裕貴子, 眞鍋葉子

Amazonで詳しく見る



↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング