セミリタイア7年目の抱負や目標を高らかに語るシリーズ。

健康編」「映画編」に続く第3弾は、テレビドラマについて。



【スポンサード リンク】


2016010601

2020年の振り返り


去年は年頭に、年間60本鑑賞(月5本)という少なめの目標を定めた。

しかし、外出自粛生活により鑑賞時間が増え、半年経過時点での本数は47本と好調に推移。

そこで、目標を年間75本に上方修正した。

下半期はさらにハイペースで65本を鑑賞し、最終的に112本という大成果を達成。

3桁の大台を初めて突破し、自分史上最高に充実した一年となった。



各月の鑑賞本数は、以下のとおり。

'20鑑賞
本数
うち
連続
ドラ
うち
連続
アニ
うち
単発
'19'18'17'16'15
1月84-41615-
2月87-12426-
3月75-211694-
4月3-212941-
5月124-8141--
6月94149871-
7月3--39541-
8月10--1027315
9月94-595826
10月52-332638
11月1511-4257-3
12月232111119814
合計112624466271601926

これまでの単月最多記録は11本。

昨年はこれを大きく塗り替え、23本(12月)、15本(11月)、12本(5月)とベスト3までを独占した。

112本の内訳は、連続ドラマが62本(前年39本)、連続アニメが4本(前年5本)、単発ドラマが46本(前年18本)だった。

これまでの年間最多記録は、連続ドラマが47本、単発ドラマが22本で、両方とも新記録を樹立。

特に、完走まで長時間を要する連ドラでこの結果は、素直にうれしい。

年末の「1ヶ月Netflix生活」でドラマに重点を置いたのが、功を奏したようだ。


2021年の目標


昨年の成功に味をしめて、ドラマについては高い目標を設定したい。

ポイントは、6月のAmazonPrimeと12月のNetflixだ。

昨年の「1ヶ月Netflix生活」の実績から、ここは連ドラだけで月20本を見込んでいる。

さらに、3ヶ月に1回「ドラマ集中月」として、録画したドラマ・アニメの消化に努めたい。

具体的には、2月・5月・8月・11月に、連続ドラマ15本・単発ドラマ10本を鑑賞する予定だ。

なお、その他の月は、放送中の朝ドラや大河を観るだけにとどめるつもり。



上記の計画による各月目標は次の通り。
  • 1月…0本
  • 2月…連続15本/単発10本(集中月)
  • 3月…0本
  • 4月…0本
  • 5月…連続15本/単発10本(集中月)
  • 6月…連続20本(アマプラ)
  • 7月…0本
  • 8月…連続15本/単発10本(集中月)
  • 9月…0本
  • 10月…0本
  • 11月…連続15本/単発10本(集中月)
  • 12月…連続20本(ネトフリ)

これを合計すると、連続ドラマ100本、単発ドラマ40本

トータルで140本が今年の目標だ。

新しい次元に突入した昨年をも超える、過去最大の挑戦だ。

観たい作品は山ほどあるので、チョイスに困ることはない。

配信サービスとドラマ集中月でメリハリをつけて、充実した一年を送りたいな。


日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial 2021[冬]号 (日経BPムック)
日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial 2021[冬]号 (日経BPムック)日経エンタテインメント!

Amazonで詳しく見る


↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング