セミリタイアしてから徐々に減らしてきたのが、年末年始の風物詩である年賀状

この冬は、その数がもっとも少なくなった。

昨年、年賀状じまいをしたからだ。



【スポンサード リンク】


2020122601


セミリタイアした直後の正月に出した年賀状(寒中見舞)は、40枚弱。

これが2017年には30枚となり、2018年には23枚まで減った。

その年に母が亡くなったため、2019年は出さず。

そして2020年、ついに年賀状じまいを断交。

届いた賀状に対して、「年賀状は今年限りで…」という寒中見舞いを返したのだ。

その人たちがどんな感想を持ったのかは、リアクションがないのでわからない。

でも、さすがにもう送ってはこないでしょう。



この年賀状じまいで、送付リストに残ったのは8人

今日は、この8人に対して年賀状を書いた。

今までは宛名を印刷していたのだが、8人だったら手書きの方が早い。

昨年届いた賀状を見ながら、ひとりひとり心を込めて書いてみた。

それでも作業はあっという間に終了。

来年は筆書きに挑戦してみようかな。



昨年末に喪中はがきを送ってきた人は、2人いた。

この人たちはきっと年賀状を送ってくるはずで、これに「ごめんなさいね」という寒中見舞いを返信すれば、私の年賀状じまいは完了する。

あとは毎年、8枚だけ年賀状を買って、8枚だけ書いて、8枚だけポストに入れるのだ。

会社員時代は100枚以上出していた年もあったのに、すっかり隔世の感があるわー。

でも、特段さびしいとは思わないのよね。

ひきこもり型セミリタイアの見本みたいで、なんかいいじゃない?


リアル招き猫カレンダー2021
リアル招き猫カレンダー2021『社長のミカタ』編集部

Amazonで詳しく見る



↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング