いくら外出自粛でも、ラーメンの食べ納めをしないことには年を越せない。

そこで今日はひきこもりの禁を破って、今年最後の出撃を敢行。

赴いたのは、コロナ禍にオープンした「鴨出汁中華そば DUCK RAMEN EIJI」だ。



【スポンサード リンク】


こちらのお店の大本は、札幌のラーメン界をリードする名店MEN EIJI HIRAGISHI BASE

自宅から遠いので、セミリタイア後は一度しか行ったことはない。

しかし、この系列店が最近あちこちに現れており、ちょっとしたブームとなっているのだ。


今回のれんをくぐったのは、今年10月にオープンしたばかりのススキノ店

すすきのと言っても、あの「信玄」よりも西寄りで、すすきのの歓楽街からは結構離れている。

えびそば一幻」や「五丈原」などの強力ライバルもひしめく「南6条ラーメン激戦地」(命名者:私)のど真ん中だ。

居抜きの店舗なのだが、この場所はラーメン店が入っては出ていく(つぶれた?)を繰り返しており、風水的にはあまりよろしくない。

でも、せっかく有名店が開業したので、これで定着してくれるといいなー。



ここの売りは店名にもある通り、鴨の出汁を使った中華そば。

オープン以来2回通って、「DUCK醤油」(写真上)と「DUCK白湯醤油」(写真下)をいただいたが、どちらも鴨の味わい深い出汁が効いていて美味だった。

2020122901
2020122902


そして3回目となる今日は、「DUCK白湯塩」を食してきた。

2020122903

エスプーマで一面真っ白なので、見た目は「白湯醤油」と瓜二つ。

しかし、白湯醤油も美味しかったが、やはり白湯は塩との相性が一番いい。

とろみのある濃厚スープと中太麺がからまって、まさに至極のハーモニー。

低温調理した鴨チャーシューやゴボウのさきがけなど、トッピングもいい仕事をしている。

もちろん、最後の一滴まで飲み干しました。

2020年の掉尾を飾るにふさわしい一杯でした。



カウンターはすべてアクリル板で仕切られており、安心してラーメンと向かい合うことができる。

昨今流行りの各種ポイントや食事券には手を出していないので、全部強制中断の今こそ、最優先で行きたくなるお店だ。

年が明けたらすぐに再突撃の予定。

今度は、まだ食していないつけ麺を注文しようかな。



本来なら行列も当然のお店なのに、そんな光景には出会ったことがないのが不思議。(やっぱり風水?)

「信玄」や「一幻」が長待ちしそうだったら、こちらに足を伸ばしてみることをおススメします。



↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング