新型コロナ感染者の急増を受けて、北海道の警戒ステージが「1」から「2」に引き上げられた。

北海道って言うか、札幌が目立ってひどいんだけどね。

毎日「Go To Eat」している私にも大いに関わりがあるので、今日はこの件を取り上げたい。



【スポンサード リンク】



北海道、コロナ警戒度引き上げ 独自基準で出勤抑制要請
北海道は28日、道庁で新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、独自基準で5段階の1としてきた警戒度を2に引き上げると決めた。新規感染者が増え、病床が逼迫する恐れが高まったため。
(産経新聞 2020/10/28)

警戒ステージ2の対応は、「個々の行動変容に対する協力を要請」

例として、
  • 体調が悪い場合の外出自粛
  • 3密を回避できない場所での会合自粛
  • 高齢者、基礎疾患を有する方等の感染防止の徹底 など
が挙げられている。

要請されなくても「もうやっているよ」なことばかりで、ステージ引き上げの直接的な効果はほとんどないと言っていい。


ただ、これがステージ3になれば、
  • 感染拡大防止対策を講じていない施設への外出自粛
  • 同種の集団感染が複数発生するなど、これまでの対策では感染リスクの回避が困難な業態への外出自粛
  • 感染拡大地域との往来自粛
  • 不要不急の外出自粛 など
と、2月から3月にかけて北海道単独で発令した「緊急事態宣言」と同様の状態になる。

こうなると「Go To Eat」どころじゃなくなるね。

そう考えると、今の私にはステージ2ぐらいがちょうどいいのかな。

屋内をノーマスクで闊歩する人や、気がゆるゆるで感染しまくりな若者の肩身が狭くなるのなら、大歓迎の措置だ。



北海道の中でも特にひどい札幌の、その中でも特にひどいすすきのは、もっと厳しい対応が必要。

感染対策をちゃんとやっているお店も、中にはあるに違いない。

でも、ウイルスを拡散するルーズな店と、それをカウントするだけのルーズな市のせいで、街ごと沈んでしまっている。

私もここ数ヶ月、お店どころか、エリアを自転車で通り抜けることすら回避している状態だ。

そんなところ、「Go To Eat」だろうが、「すすきのプレミアムチケット」だろうが、「すすきの結び酒」だろうが、「さっぽろごチケット」だろうが、行って楽しもうなんてこれっぽっちも思わない。

ていうか、なんでこんなにサービス増やしてんの?

来月からは、ここに「Go To Eat 北海道お食事券」も加わって、何がなにやらなカオスワールドに。

別にやってもいいけど、すすきのだけは除外すべきだ。

そんな浮かれたお祭りやっていていい状況ではない。



あと、復活してほしいのが、映画館の50%制限

私も「鬼滅の刃 無限列車編」を観に行きたいのよ。

テレビシリーズをイッキミしたのは今年6月で、ずっと続きが気になっているから。

でもやっぱり、全席販売の劇場には二の足を踏んでしまう。

市松模様の配席なら、意を決して足を運ぶんだけどなー。

北海道独自で制限をかけるには、ステージ4か5にならないといかんらしい。

そうなるとほぼ医療崩壊・パンデミック状態なので、それも困る。

せめて台風の目になっている札幌だけでも特別に動いてもらいたいけど…あの市長じゃ期待するだけ無駄かな。


各劇場も、「鬼滅の刃」で稼げるだけ稼ぎたいのはわかるが、私みたいな人もいるのよ。

全部とは言わないから、一日に何回かは市松シートの回を設けてもらえませんかね。

ユナイテッドシネマさん、よろしくお願いします。


グレート・リセット ダボス会議で語られるアフターコロナの世界
グレート・リセット ダボス会議で語られるアフターコロナの世界クラウス・シュワブ, ティエリ・マルレ

Amazonで詳しく見る



↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング