「Go To トラベル」からの除外のみならず、「Go To Eat」のポイントや食事券の使用さえできなくなった札幌市。

「不要不急の外出をするな」と言われると、無職のおじさんは朝から晩まで引きこもるしかない。

でも大丈夫。

今日から私には、Netflixという強い味方がいるのだ。



【スポンサード リンク】


2020120101


昨年11月に「4ヶ月Netflix生活」を終えたとき、各賞レース前の12月は「Netflixの月」にすると決めていた。

なので、コロナ禍だから再登録したというわけではない。

でも、タイミング的にはぴったり合っちゃったわ。



これまでの「Netflix生活」を振り返ると、
  • 2019年2~3月…映画34本(うちオリジナル・独占配信20本)、ドラマシリーズ3本(同2本)
  • 2019年8月…映画17本(同12本)、ドラマシリーズ1本(同1本)
  • 2019年9月…映画14本(同11本)、ドラマシリーズ3本(同3本)
  • 2019年10月…映画23本(同17本)、ドラマシリーズ2本(同2本)
  • 2019年11月…映画43本(同17本)、ドラマシリーズ1本(同1本)
という戦績。

当時は「こんなもんでしょ」と思っていたが、今年7月の「1ヶ月U-NEXT無料生活」(映画139本)と比べると、あまりに不甲斐ない。

そこで今回は高めの目標を設定し、頂上目指して毎日こつこつ積み上げていくことにした。



まず、映画について。

作品一覧から観たい映画を厳選してマイリスト登録したところ、全部で60本(うちオリジナル・独占配信40本)となった。

これなら1日2本の鑑賞で、難なく制覇できる。

2020年の年間目標600本も、これをやりきれば達成だ。

よし、今回は60本を目標にしよう。


今日もさっそく朝から、今年のアカデミー賞の目玉となった「マリッジ・ストーリー」を観終えた。

最優秀助演女優賞受賞のローラ・ダーンはもちろんのこと、主演の二人の個性的なのに普遍的な感じが本当に素晴らしかった。

配信から1年もたっちゃったけど、観られてよかったー。



次は、ドラマシリーズ

映画の目標に余裕を持たせた理由は、こちらを充実させたかったから。

観たいドラマもマイリストに登録したら、なんと40本になってしまった。

こちらは1本で10話前後あるし、人気作だとシーズン2や3や4や5なんてのもザラ。

映画のように2時間で終わるものではないので、せいぜい10本が限界だろう。

今回のメインは、映画よりもドラマになりそうだ。



少しでも多く消化するために、毎日の朝ドラや大河ドラマは封印。

積ん録しておいて、来年1月一気にキャッチアップすることにした。

今月は映画もドラマも、ネトフリ一色である。



現在進行中の札幌市の緊急対策期間は、12月11日まで。

さらに延長されようがされまいが、私には無関係だ。

今月いっぱい、最小限の買い出し以外は家から出ないから。

昼間もカーテンを閉め切って、見事なまでに引きこもり、一日中ホームシアターに浸る。

闘う相手はコロナではなく、自分で自分に課した高い山なのだ。


NO RULES(ノー・ルールズ) 世界一「自由」な会社、NETFLIX
NO RULES(ノー・ルールズ) 世界一「自由」な会社、NETFLIXリード・ヘイスティングス, エリン・メイヤー

Amazonで詳しく見る



↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング