先月、映画館の50%制限が解除されたが、ここ札幌ではシアターキノを除いて、市松模様の販売を継続していた。

イチ観客としてはありがたかったのだが、それも終焉を迎えようとしている。

札幌シネマフロンティアユナイテッドシネマ札幌が、全席販売を再開するのだ。



【スポンサード リンク】


2020101501

札幌シネマフロンティア

座席販売方法の変更について
札幌シネマフロンティアでは、(中略)一部劇場の特定日において全ての座席を販売させていただきます。
<全座席販売日>
■10月10日(土)~10月11日(日)
■10月16日(金)~10月18日(日)
(劇場サイト 2020/10/7)

これによって、今年最大のヒットが確実な「劇場版 鬼滅の刃」の初日は、全席販売となった。

明日もっとも混雑している20時スタート回の予約状況は、こんな感じ。(今日13時時点)

2020101504

最前列以外はぎっしりだ。


それでも、「平日は50%制限を続けてくれるのかなー」と思っていた。

しかし、「10月19日(月)以降もお座席の間隔を空けずに全てのお座席を販売させていただく可能性がございます」という残念なお知らせを追加で発表。

こりゃ、全面解禁も間近だね。


ユナイテッドシネマ札幌

10月16日(金)より全座席販売のお知らせと、ご来場いただくお客様へのお願い
2020年10月16日(金)上映分より、全国のユナイテッド・シネマ/シネプレックスでは、一部の上映を除き販売座席数の制限を取りやめ、通常通りの全座席販売といたします。
(劇場サイト 2020/10/9)

ユナイテッドシネマは、週末・平日を問わず全席販売を解禁。

明日の「鬼滅の刃」の予約状況を調べてみたら、激混み20時40分の回はこんな感じ。(今日13時時点)

2020101502

「鬼滅の刃」は私も観てみたいけど、こんな劇場は絶対にごめんだわ。

そこまでして初日に観たいのか!?…って、観たいんだろうね。

何もなきゃいいけど、最悪の場合、映画館初のクラスターが起こってもおかしくはない。

しかも、全国のあっちこっちで。


前に、「映画館は意外に安全じゃね?」と書いたけど、今では疑念がわいている。

劇場内でマスクしない人をあれだけ見てきたら、そうなるよ。

【映画館ノーマスク関連記事】
全席販売の場合、ポップコーンなどは売らないみたいだが、それでノーマスクが防げると思ったら大間違い。

どんな状況でも、こっそりマスクをはずすルールブレイカーは必ずいるのだ。

そんな人が近くに座っていたら? しかも無症状感染者だったら?

2時間もずっと一緒にいたら濃厚接触者だし、かなりの確率で感染するだろう。

そんな高リスクな場所は、避けるが勝ちだ。

なにより、前後・左右が空いた状態に慣れてしまった体に、あんなギュウギュウ詰めは耐えられない。

お金を払ってまで行きたい環境とは、とても思えないのだ。



 一方、感染対策のゆるさが気になっていたサツゲキは、全席販売に関するアナウンスがまだない。

普通に通える映画館がここだけとは…トホホ。

まあ、すぐに後追いするんだろうけど。



集客チャンスを逃したくない土日は、全席販売でもかまわない。(どうせ行かないし)

でも、閑散としている平日は、50%制限の方がいいんじゃない?

安全志向の客が集まるし、ポップコーンも売れるし、確実に儲かるよ。

一律全席販売は、客のニーズに応えていない愚策です!


せっかく劇場通いを再開したのに、この先祖返りによって、また以前の警戒態勢に戻ってしまった。

とても残念な話だ。

だけどわが家には、劇場に勝るとも劣らない147インチのホームシアターがある。

こうして、映画館離れはさらに進むのであった。


【改訂版】コロナの世を生きるあなたへ・自分編: ~心に水分足りてる~
【改訂版】コロナの世を生きるあなたへ・自分編: ~心に水分足りてる~永瀬一代(みりわん)

Amazonで詳しく見る


↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング