2014年11月1日に有休を取り始め、セミリタイア生活がスタート。

今日であれから丸6年がたった。

当時45歳だった私も、今や51歳。

ホント、月日の過ぎるのは早いものね。



【スポンサード リンク】


2020110101


【セミリタイア記念日の記事】

セミリタイア5周年までは、それなりに紆余曲折はあったものの、思っていた通りの生活を送ることができた。

しかし、それからの1年間は、墨で塗りつぶすように状況が一変。

まさかこんな6周年を迎えることになるなんて、ね。



新型コロナウイルスの蔓延により、私の楽しみのうち2つが大打撃を受けた。

映画食べ歩きである。

観たい映画は観られない、食べたい料理は食べられない。

もう、踏んだり蹴ったりだわ!


…と書いてみたのは、ただの前振り。

映画も食べ歩きも、実際は史上最大級に充実しているのだから。



映画については、劇場で鑑賞する機会は確かに激減した。

しかし、映画館離れは去年の今ごろから始まっていた話で、コロナの影響は言うほど大きくない。

それどころか、おうち時間の増加により鑑賞本数も爆増している。

この1年間で観た映画は、なんと605本!

2020年の年間目標が600本なのだが、セミリタイア年度ベースではもう達成してるのだ。

同様に、ドラマは87本、読書は110冊と、三昧生活の密度は最高潮。

ある意味、コロナ効果と言えるかも。



食べ歩きについても、「スーパーランチプロジェクト」+「Go To Eat」で、絶賛食べまくり中。

親の仇を取ったかのように、自粛期間中にたまったうっ憤を晴らしている。

「スーパーランチプロジェクト」はもうすぐ終わる予定だが、「Go To Eat」はまだまだこれから。

10月末に「Hot Pepper」の期間限定ポイントがどどっと入ってきたので、今後はそれを使い切るのがメインだ。

雪が降ったら活動も鈍ってしまうから、その前にできるだけ使っておかないと。


あと、現在北海道を襲っている第三波がどうなるかも、大きな懸念。

ひとりひとりが軽率な行動を取らなければ、それなりに収まるはずなんだけどなあ。

コロナを甘く見ている人は、冬に突入する前に宗旨替えしてください。

ホント、お願いします。



コロナで不自由な生活を強いられながらも、それを逆手にとって充実度をアップさせた6年目が終わった。

仕事をしている人には大変な事態だとお察しするけど、セミリタイアしていると危機的状況にも対応しやすかった。

結論は当然、「セミリタイアしてよかった」である。


そして、今日から7年目に突入。

すっかり気の抜けない世の中になっちゃったけど、「セミリタイアの特権」を活かして、自分らしく人生をエンジョイしていきたい。

以前の生活に戻ることを期待するのではなく、新しい世界に適応してアップグレードを図る。

それができるのが、「セミリタイアな日々」だと信じているので。


コロナ禍日記 2020 3月~6月 新たな家族を迎えるまで
コロナ禍日記 2020 3月~6月 新たな家族を迎えるまで川崎 昌平

Amazonで詳しく見る



↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング