今日も、「スーパーランチプロジェクト」の報告記事。

第46弾のお店は再訪なので、今回は第47弾。

ランチでジンギスカン食べ放題を楽しめる、「ノルベサビール園」だ。



【スポンサード リンク】


名前の通り、場所は観覧車のあるノルベサビルの地下1階。

「Go To Eat」で予約しようと調べると、食べ放題のあるランチ営業は15時半まで。

ならば、90分も前に行けば十分食べられるだろう。

平日14時の予約をして、ちょっと早めに現地到着した。



お店に入って、予約している旨を伝える。

検温ののち、店内に案内されると…

お客さんひとりしかいない!

テーブル席がずらーっと並んでいるのに、男性ひとりの席をのぞいてガラッガラ。

そこからちょっと離れたテーブルに案内され、腰を落ちつける。


2プランの食べ放題があって、私は生ラムジンギスカン・牛カルビ・鶏肉をいただけるお安い方をチョイス。

最初にジンギスカンと牛肉と野菜が出てきた。

2020102101


野菜をしきつめた上にのせて、蒸し焼きにするのがジンギスカンの王道。

2020102102

焼きあがったところで、濃厚だれにつけて、いただきまーす!

うん、やっぱり羊最高だわ。

セルフでご飯やスープやカレーもあったんだけど、そちらには目もくれず、とにかく肉だけを食べ続ける。

結局、何皿頼んだのかわからないのだが、おなかいっぱいになりました。



食べている途中、先客の男性が立ち上がり、お会計を済ませて帰ってしまった。

とうとう、お店にいる客は私ひとり。

これぞ本当のひとり焼肉だ。

周りを気にしなくていいのはありがたいのだが、広いお店でポツンと食べるのもまたつらい。

かなりの時間を残して早めに切り上げ、お店を後にしたのでした。



この数日後、いくつかの心残りを払拭するために、再訪を果たした。

予約時間は、30分早めて13時半。

今度はそこそこ客が入っていたし、1時間後に店を出たときもまだ数組残っていたので、さびしくはなかった。


肉の焼き方も、前回から一変。

あの王道の焼き方は、ひとり焼肉には向いていなかった。

野菜はどんどん焦げていくし、肉もまとめて焼くと、何枚かは焼きすぎてしまう。

ジンギスカン鍋も、あっという間に焦げだらけだ。

そこでリベンジマッチでは、もやしを先に焼いて、焦げる前に取り皿に上げた。

そして、肉を食べるときはもやしをライス代わりに一緒に食べたのだ。

その他の野菜も、焼きすぎないように少しずつ火を通し、いいところでお皿に避難。

肉を焼くのも1枚ずつにしたら、絶妙のタイミングで口に入れられて、鍋も全然焦げない。

ひとり焼肉だからこそできる、このマイペース。

2回目にして、ひとり焼肉を心から満喫したのでした。



最後に、スーパーランチプロジェクトの振り返り。

今回のお代は、食べ放題(1078円)+烏龍茶(330円)。

締めて、1408円なり。

プロジェクト終了まで、あと4万1129円だ。




↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング