日曜劇場「半沢直樹」が終了して1週間になる。

いまだにネットニュースになるところを見ると、ロス状態の人がまだたくさんいるんだろうね。

この私も、一緒に盛り上がった日本人のひとりだ。

(ネタバレはほとんどありません)



【スポンサード リンク】


2020100301


しかし、みんなと同じ温度で「半沢終わった。ロスだー」とは言いにくい。

なぜなら、全部録画で観たから

しかも、イッキ見で


当初はちゃんと毎週観ていくつもりだったのよ。

7月には「U-NEXT」で映画三昧の合間を縫って、原作のシリーズ4冊読破したし。

でも、いつでも観れると思うと、つい先延ばしにしちゃうのが私の悪いクセ。

積ん録を続けたまま、気づけば最終回の週末を迎えていた。


せめて最後だけは、リアルタイムで終わりたい。

金曜の夜にやっと重い腰を上げた私は、年初に放送された「エピソード・ゼロ」を皮切りに、本編9話、ダイジェスト3回、生放送1回を立て続けに観た。

世の中に追いついたのは、日曜日の最終回スタート2時間前。

なんとか間に合ったー。



でも、ここで気になることが。

タブレット福山って、前回何をしたんだっけ? 全然覚えていない。

このモヤモヤを残したまま最終回を迎えるのは、なんかイヤだ。

そこで急遽、HDDに保存してある前シリーズを観直すことにした。

全部観ているヒマはないので、最終回直前ダイジェストと最終回を早回しで再視聴。

観終わったのは、22時過ぎだった。

ははは、放送終わってる…。


それから録画した最終回を観始め、リアルタイムから1時間遅れで、やっと大団円にたどり着いた。

そして、ずっと封印していたネットニュースを読みまくり、興奮冷めやらぬままベッドに入ったのでした。



さて、前置きが長くなったけど、ここからが今日の本題。

7年前、平成ドラマの最高視聴率をマークし、たくさんの流行語を生みだした第1期

今年、7年のブランクをものともせず、さらに熱いドラマを見せてくれた第2期

様変わりした点を挙げれば、次々と出てくる。

コロナで撮影が中断したり、再開後も感染防止に苦労したり、製作が間に合わなくて生放送でしのいだり。

敵だった大和田が自由なキャラに進化して、主役を食う大活躍をしたり。

社内の敵を相手にしていたのが、今度は親会社、そして政治家とスケールアップしたり。

孤独な戦いだったのが、「アベンジャーズ」なみの総力戦にパワーアップしたり。



しかし、一番変わったのは…

観ている私だ。


第1期が放送された2013年当時、私はまだサラリーマンだった。

会社の飲み会でも、半沢談義で盛り上がったっけ。

酒の入ったいい大人が、ドラマの話なんて普通しないよね。

翌年のホワイトデーでチョコのお返しをして、「こんなにあげてないですよ」と恐縮する相手に、「倍返しだ!」と言ったのも覚えている。

セミリタイアするつもりだったから、最後だと思ってかなり豪華にしたのよね。

とはいえ、あの頃はまだ終の住処も決まっておらず、退社の時期もぼんやりとしていた。

つまり会社員真っただ中、半沢と同じ側の人間だったのだ。


あれから7年。

会社を辞め、セミリタイア生活も6年目だ。

仕事の悩みや人間関係のストレスからすっかり開放され、朝から晩まで好きなことをして暮らしている。

半沢とは完全に違うカテゴリの人間になってしまったのだ。

敵なんか、周りにひとりもいません。



境遇はすっかり変わってしまったけれど、それでもドラマはのめりこんで観ることができた。

現実に会社で苦汁をなめている勤め人は、自分と半沢を重ね合わせて感情移入するのだろう。

でも、そんなのなくても大丈夫だった。

心を悩ますものが何もないからこそ、変にかたよることなくストレートに入り込めたのかも。

だとしたら、やっぱりセミリタイアしてよかった!



ちなみに私の大好きな台詞第1位は、大和田の「はい、千倍」です。


半沢直樹 アルルカンと道化師
半沢直樹 アルルカンと道化師池井戸潤

Amazonで詳しく見る



↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング