今日も、「スーパーランチプロジェクト」の報告記事。

第27弾は、広島風お好み焼きと鉄板焼きのお店、「ひなちゃん」だ。



【スポンサード リンク】


広島風」と書くと、広島の人が「風ってなんだ!風って」と怒りそう。

でも、お店の正式名称が「広島風お好み焼きひなちゃん」なので、今日はこの表現で統一します。



私は、大阪のお好み焼きよりも、広島風の方が好き。

お店のメニューに広島風があればそちらを頼むし、昔は自宅でも作ったりしていた。

しかし、最近は久しく食していない。

直近では、ランパスを使って「風月」に行ったのが最後で、それもしばらく前のこと。

狸小路でこのお店を見かけて、「入りたいなー」と考えていたのだ。


しかし、お好み焼き屋さんって、おひとりさまにはハードルが高い部類のお店。

ふたりで並んでシェアしている客ばかり、というイメージが強い。

こんなおじさん、誰も気にしないとわかっているけど、これでなかなか小心者なのよ。


その壁を打破するきっかけは、テレビコロナだ。

今年2月に「どさんこワイド179」で紹介されて、「あ、あの店か!」と驚いた。

狸小路の前、豊平三条に出店していたころ、数回通ったことがあるのだ。

そして、コロナ禍で客足が減ったことで、おひとりさまでも入りやすくなった。

今、時は充ちた。いざ出陣じゃ!



訪問したのは、8月末の平日。

開店直後にのれんをくぐると、客は私ひとりで、そのまま最後まで貸し切り状態だった。

マスターと若い男女の店員は、わかりやすく言うと全員ヤンキー風。

ちょっと緊張しながら、メニューを見る。

注文したのは、一番人気と書いてある「スペシャル肉玉そば」

無骨なマスターが、鉄板の上で手際よくお好み焼きを仕上げていく。

なかば見とれているうちに完成したのが、こちら。

2020092301

この美しいフォルムは、芸術の域だね。

さっそくアツアツをいただく。

豚肉・エビ・イカなどの具材がゴロゴロ入っていて、食べごたえ抜群だ。

かかっているのは、広島では有名らしい「カープソース」という、ちょっと辛口のソース。

邪道と言われそうなマヨネーズも、追いソースと一緒に渡されたので、遠慮なくかけた。

やっぱりうまいわ、広島風お好み焼きは。

ジャンクなんだけど、それ以上のものを感じさせる逸品でした。



最後に、スーパーランチプロジェクトの振り返り。

今回のお代は、1150円なり。

プロジェクト終了まで、あと6万6904円だ。




↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング