poohの毎日~40代でアーリーリタイアした夫婦の暮らし~」のpoohさんが、ハンドルネームを「pooh2013」に改名した。

ネット上とは言え、長年愛用してきた名前を変更するのは大胆な行動だ。

poohさんに触発されて、今日は私のハンドル「Tao」について考察してみたい。



【スポンサード リンク】


2020081101


この「Tao」という名前がどれぐらい使われているか、ちょっくら調べてみよう。

にほんブログ村でメンバー検索してみたら、予想していたことだけど、うじゃうじゃいた。

私とまったく同じ表記のTaoだと4人だけだが、TAOとかtaoなども含めると37人

タオとかたおとかTaoなんとかまで範囲を広げたら、なんと52人もいる!

もう、アルファベット3つだけで識別してもらおうなんて、ただの無理ゲーだ。

 poohさんの気持ち、よくわかります。



しかし、リアルネームと同じぐらい愛着があるのも、ゆるぎない事実。

なぜなら、こいつとのつきあいは、かれこれ四半世紀にもなるからだ。


Taoが誕生したのは、Windows95がブームとなってPCが普及し、ネットやメールが急速な広がりを見せ始めた、まさに黎明期。

メールの差出人表記や、ネット掲示板の書き込みにこのハンドルを使って以来、今に至るのだ。

これまでいくつかのホームページやブログを運営してきたが、そのときもずっとTaoで通してきた。

私の人生の半分は、Taoとしての人生でもある。

歴史だなー。



日本でもっとも長くこのハンドルを続けている(はず)という誇りがあるので、私はTaoという名前を変えずに死を迎える覚悟だ。

ただ、ネタとして考えてみるのは悪くないかも。

pooh2013さんのように末尾に数字をつけたすなら、何にしようかな?

「Tao023」なんてどうかしら。

これ、もちろん「おにいさん」ね。(「おじさん」ではない)

「Tao0213」でも「おにいさん」になるね。(「おじいさん」ではない)

「Tao4649」「Tao5963」「Tao3150」「Tao14106」なんてのもいいかも。(ポケベルか)

やっぱりシンプルにTaoでいいや。



ちなみにTaoは、本名ではありません。

なので、田尾ではありません。

もちろん、(土屋)太鳳でもありません。

英語だとTAOとなる道教ともまったく関係ありません。

由来はとても単純で、親しい人に明かすと大体「なーんだ」と言われます。

私という人間をちゃんと表しているこの「Tao」を、これからもよろしくお願いします。


「ハンドルネーム作成」: 「姓名判断による大吉名で大開運!」
「ハンドルネーム作成」: 「姓名判断による大吉名で大開運!」遠藤裕行

Amazonで詳しく見る


↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング