当ブログで何度も書いている通り、私は完全にキャッシュレス派である。

特に最近は買い物ぐらいしか外出する機会がなく、現金の出番はめっきり減ってしまった。

今日はそんな私が、手持ちの現金を増やした話を書くことにしたい。



【スポンサード リンク】


2020072801


食材や日用品の買い出しは、近所のスーパー(2店)とドラッグストア(2店)と八百屋(1店)と100均(1店)の計6店舗で済ませている。

どのお店もスマホ決済に対応しているので、レジで財布を取り出す機会はない。

しかし、どうしても現金が必要になる場面がある。

それは、ランチだ。

札幌の飲食店は、いまだに半分ぐらいのお店がキャッシュレス非対応。

以前ならブタ財布対策の一環で、1000札1枚を渡してお釣りを受け取り、小銭がたまったらATMにドシャーッと流し込んでいた。

しかしコロナ禍において、あまり受け取りたくないのが、そのお釣り。

もらわないためには、レジでおばあちゃんがよくやる「小銭ぴったり方式」で支払うしかない。

現在進行中の「スーパーランチプロジェクト」は1000円以上の高額ランチが対象なので、野口英世+各種硬貨が必要となる。

当初は手持ちの現金で事足りていたのだが、やがて心細くなってきた。

よし、お金、おろそう!



まずはお札。

家賃収入が振り込まれる口座から、1000円札を20枚引き出した。

次は小銭。

合計100枚まで無料で両替できるというので、1円玉から100円玉まで5種類の硬貨をうまく合わせて、トータル5000円分を小銭に換えた。

おかげで、小銭入れにしているデジカメポーチはずっしり。

試しに量ってみたら、500g以上あった。

これでしばらくはお釣りをもらわずに済みそうだ。



政府のポイント還元も終了し、キャッシュレス狂騒曲も一段落。

でも、財布を出さなくて済むのはやっぱり楽だし、わずかながらポイントがつくのもありがたい。

さらにはコロナありきの社会になってしまったわけで、支払いが現金オンリーってのは考え直してもらいたいな。

あのサイゼリヤも、ついにキャッシュレスに踏み切るみたいだしね。

サイゼリヤ、硬貨80%削減&キャッシュレス決済展開を決断「こんなに現金に頼っているのは日本だけ」
サイゼリヤが7月1日より、グランドメニューの価格を改定すると発表した。税込み価格の末尾を00円、もしくは50円に統一し、新型コロナウイルスの感染予防対策として、会計時に店員が顧客から受け取る釣り銭を減らす狙いがある。キャッシュレス決済も進め、8月から順次展開する予定としている。
(ABEMA TIMES 2020/6/24)

頑なに現金商売にこだわっていたサイゼリヤでも、時代の波にはさからえなかったということか。

私は元々あまり行かないし、特に今はすすきのがヤバいので、当面利用することはなさそう。(中央区には「すすきの交差点店」しかない)

コロナが奇跡的に収まって、東京からある人が来札したら、そのときがサイゼリヤ再開の日になるかも。

果たしてそんな日が本当に来るのか、まったく先行きが見えない状態だけど、わずかな希望を胸に自粛生活を続けています。



さあ、今日も今日とてひきこもって、「U-NEXT」で映画三昧だ!(無料期間終了まであと3日)


今あらためて考える「キャッシュレス決済」: マイナポイント予約開始 あなたにあったキャッシュレス決済とは
今あらためて考える「キャッシュレス決済」: マイナポイント予約開始 あなたにあったキャッシュレス決済とは相馬優

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング