布マスク給付金申請書もまだ届かないとお嘆きの札幌市民のみなさん。

安心してください。私も届いていません。

本来ならもらえるだけでも感謝すべきなのに、ここまで遅いとありがたみも薄れてしまうね。



【スポンサード リンク】


2020052101


実際のところ、マスクにしても10万円にしても、のどから手が出るほどほしいわけではない。

マスクはもともとあった在庫でなんとかなるくらい外に出ていないし、家賃収入はわずかだけど毎月ちゃんと入ってきている。

しかし、これは私がセミリタイアしていたおかげ。

こうなるために人一倍努力してきたからこそ、まさかの国難でも、国や会社に頼らず自力で切り抜けてこられたのだ。

無職の独身オヤジなんか、誰もほめてくれないけどさ。

マスクも10万円も私には不要不急だけど、誰はばかることなく堂々といただきますよ。

 急いでないから、いつでもいいけどね。



猛威を振るった新型コロナウイルスもかなり沈静化し、今日は関西3府県の緊急事態宣言が解除されそう。

首都圏と北海道だけがお預けをくらっている状態だ。

この中でも札幌市民が一番がんばっていると思うのは、私だけ?

国内でもっとも早くコロナに襲われ、もっとも早く外出自粛状態に突入し、一旦解除されたときだって大半の市民は警戒心を持って生活していたはず。

なのに、その後さらに大きな嵐に見舞われ、今にいたっている。

新規感染者が10万人で0.5人という解除基準は、北海道全体でもクリアしていないが、札幌市単独で計算したら間違いなく全国ダントツのワーストだ。


でも…でもさ、

河原でバーベキューやっている不届き者も確かにいたけれど、あれはごく一部でしょ?

ほとんどの札幌市民はずーっと長い間、息をひそめるように閉じこもってきたんじゃないの?

自分がそうだったから、他の人もそうだろうと信じたいだけ?

なんでここまで大変な目に遭わなければいけないのか、理解に苦しみます。

誰か、納得の行く説明をしてちょうだい!



…なーんて、愚痴のはけ口がなくて、ついブログに書きまくってしまった。

今の状態はふだんのセミリタイア生活の延長みたいなもんだから、そこまで追い詰められているわけじゃないんだけどね。

もしも緊急事態宣言が解除されても、糸の切れた凧のように歩き回るつもりはないし。

でも、ずっと口にしていないラーメンだけは食べに行きたいな。

そろそろ禁断症状が出てもおかしくないから。



手が震え出したり白いワニが見えたりする前に、昨日は自宅でこんなものを作った。

2020052102

油そば。

ラーメンはハードルが高いけど、これならなんとなくできそうな気がしたのだ。


西山製麺の生麺をゆでて、お湯を切る。

そこに、焼き肉のたれ・酢・ごま油を合わせてよく混ぜる。

トッピングは、温泉卵・味付きのもみのり・きざみネギ。

さらに、チャーシュー的なものの代わりに、大量に冷凍してある餃子を解凍してオン。

最後にすりごまとラー油をふりかけて、完成だ。


全部をよくかき混ぜて、いっただきまーす。

…うん、まあまあじゃないかな。

お店で提供される油そばには劣るものの、足元ぐらいには及んでいる。

焼き肉のたれがちょっと甘口気味だったが、下手に自分で調味するよりおいしいはずだ。

よし、これでレパートリーがひとつ増えたぞ。



例年この時期は「札幌ラーメンショー」を満喫していたが、今年は中止。

その分も含めて、ラーメンに対する欲求はマグマのように溜まり煮えたぎっている。

あの店もこの店も、つぶれないで待っててね。

近いうちに必ず行きますので。


最新解説 ラーメンの調理技法
最新解説 ラーメンの調理技法旭屋出版編集部

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング