元来ステイホームが基本の「セミリタイアな日々」だけど、これだけ長く自粛生活が続くとそれはそれでしんどい。

「医療現場の壮絶な苦労に比べればこんなもん」と、自分を慰める日々だ。

ましてや、学校に行きたくても行けない子供たちのストレスたるや、大変なものだろう。



【スポンサード リンク】


2020051601


私に子供はいないけど、道南在住の甥っ子たち(小5と小2)の様子は気になるところ。

妹からときどき連絡をもらうたびに、「がんばってるなー」と感心させられている。



今、4人家族の中で流行っているのは、ゲーム

それもPSやSwitchとかじゃなく、こういうアナログなやつだ。

カタン スタンダード版
カタン スタンダード版GP Games

Amazonで詳しく見る

教えられてはじめて知ったが、世界中でやたら売れているボードゲームなんだって。


2020051602
(Amazonの商品ページより)

いやー、楽しそうだわ。

ひとり者には味わえない幸せがここにある。

妹一家では拡張版を買うほどハマっているらしい。



さらには、こんなゲームも。

宝石の煌き 日本語版
宝石の煌き 日本語版ホビージャパン(HobbyJAPAN)

Amazonで詳しく見る

これも大人気のカードゲームなんだって。

なにやら難しそうだけど、実際はルールも簡単で、短時間で勝負がつくらしい。

私もやってみたくなりました。



さらに小5の甥っ子は、自分でもゲーム作りを始めたとのこと。

誰もが遊んだことのある「人生ゲーム」だ。

2週間近くかけて完成した力作が、こちら。(プライバシー保護のためモザイクかけてます)

2020051603

よく作ったね、しかし。

これはなかなかすごいんじゃない?


各マスの指示内容も、つい笑ってしまう。

2020051604
2020051605
ミルクボーイのネタを完コピ。


2020051606
2020051607
2020051608
2020051609

当時観ていたドラマなどから。

スマホを落としただけで5万円取られるのはイヤだけど、こんな「あな番」なら大歓迎だ。


2020051610
2020051611

コロナ関連も当然ある。


2020051612
2020051613
2020051614
2020051615

こんな社会派なマスもあったりして、あなどれない。


2020051616

ゴール直前には、こんな人生の落とし穴も。

ぜひ生きる意味を見つけてもらいたいものだ。


このほかに、ドラえもんのひみつ道具カードを大量に作って、ゲームを盛り上げている。

いやー、本当に面白そうじゃないの!

コロナがなければ飛んで行って、私も参加したいところだ。



思えば私も、小学生のころはとにかくボードゲームにハマっていた。

あの頃から鬼のインドア派で、学校帰りには毎日のように、自宅や友人宅でサイコロを振っていたっけ。

その勢いで、私もいろんなゲームを創作していたのを思い出した。

しかし、こんなにでっかい人生ゲームを作ろうと思ったことはない。

まさに、天才ゲームメイカーの誕生である。


これは一種の才能に違いないので、ぜひその芽を育てて伸ばしていってもらいたい。

遠い札幌の地から、甥っ子の将来に想いをはせるセミリタ叔父さんなのであった。


令和新装版 子どもを伸ばす魔法の11カ条 アメリカインディアンの教え (ニッポン放送BOOKS)
令和新装版 子どもを伸ばす魔法の11カ条 アメリカインディアンの教え (ニッポン放送BOOKS)加藤 諦三, ドロシー・ロー・ノルト

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング