2014年11月1日にセミリタイアしてから、昨日でちょうど2000日がたった。

およそ500日ごとに節目記事を書いてきたので、今日も前例に従うことにしたい。



【スポンサード リンク】


2020042301


【セミリタイア節目日関連記事】

「あれからもう2000日か…」と、葉巻をくわえてブランデーグラスを傾けたいところだが、今はそういう雰囲気ではない。

家から一歩も出ない日々が続いていて、2000日目というスペシャル感が全然ないから。

「セミリタイア2000日目の記録」なんてタイトルにしてみたけど、特筆すべきことは何もない。

昨日は、U-NEXTの無料期間がもうすぐ終わるので、朝から晩までかけて6本の映画を駆込み鑑賞。

ある意味、充実させすぎかも。



他人との接触を8割削減しようという掛け声のもと、日本全体が活動を自粛している。

専門家会議が提唱する10のポイントは、次の通り。

人との接触を8割減らす「10のポイント」 専門家会議が提示
  1. 帰省せずにオンライン帰省で
  2. スーパーは1人や少人数で空いている時間に
  3. ジョギングは少人数で、また公園は空いた時間・場所を選ぶ
  4. 急がない買い物は通信販売で
  5. 飲み会は、オンライン飲み会を
  6. 診療は遠隔診療で。普段の通院と組み合わせて活用を
  7. 筋トレ、ヨガなどは自宅で動画を見ながらで
  8. 夕食のおかずなどは持ち帰りや宅配の活用を
  9. できるだけ仕事は在宅勤務で
  10. 近い距離での会話はマスクなどをつけて行って
(THE PAGE 2020/4/22)

セミリタイアしていると、どれも対応しやすいわ。

2・4・6・7・8・10は、もうやっている。

6番の遠隔診療なんて、つい先週の話だ。

その他についても、1番は実家がないから関係ないし、3番はまだ早朝ジョギングを再開していない。

5番はそこまでして飲みたいと思わないし、9番は在宅勤務ではなく在宅無職だ。

というわけで、10のポイントを楽々クリアした私。

これはもう、自粛マスターを名乗ってもいいでしょう!



ちなみに、1500日目の記事の最後には、こんなことを書いていた。

次の節目である2000日目を迎えるのは、オリンピックイヤーの2020年4月。
それまでブログをやっていたら、「セミリタイアして2000日たった」なんて記事を書くことにしよう。
先は長いようだけど、こういうのって意外にあっという間なのよね。

あの頃は考えもしなかった。

まさか、こんな世の中になっているなんて。


それでもブログは続いているし、2000日目の記事も無事書けた。

たぶん、2021年9月の2500日目もあっという間に来るのだろう。

来年の夏、延期されたオリンピックは開催されているのかしら?

そもそも、新型コロナはつきあっていける程度に収まっているのかしら?

私のセミリタイア生活は破綻することなく維持できているのかしら?

ていうか、私は健康に生きているのかしら?


北海道の感染者数が500人を突破したり、岡江久美子がコロナで突然亡くなったり、今日も愕然とするニュースが飛び込んできた。

明るい春が近づいてくる気配はゼロ。まさに一寸先は闇。

しかし、毎日地道に生活する努力を重ねていくしかない。

今は自粛マスターの名に恥じぬよう行動するだけだ。

医療現場で命がけで闘っている人たちと比べたら、私の努力なんて努力のうちには入らないからね。

セミリタイア2001日目の今日も、前向きに引きこもっております。


引きこもりの為の「裏」教科書: 毎日「無気力」だった私が人生を一変させた方法
引きこもりの為の「裏」教科書: 毎日「無気力」だった私が人生を一変させた方法野村こころ

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング