先日、「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」なる書類が届いた。

「そういうニュースあったなあ」と思うも、それ以上は何も浮かんでこない。

調べてみると、昨年の1月に出てきた話だった。



【スポンサード リンク】


2020022501


勤労統計ミス、約537億円追加給付 厚労相が謝罪
厚生労働省は11日、賃金や労働時間の動向を把握する同省の「毎月勤労統計」の調査が不適切だった問題の調査結果を公表した。過去の失業給付や労災保険などの過少支給で、延べ約1973万人に、計約537.5億円の追加給付を行う。
(産経ニュース 2019/1/18)

もう1年以上前のニュースだ。

当時は「私も対象かな?」ぐらい思ったはずだが、いやはや今ごろ連絡がくるとは。


封筒に入っていたのは、お詫び&協力依頼文や回答票、返信用封筒など。

これを2000万人弱の国民あてに送付したのね。

これだけで相当な費用がかかっているはずだし、このために支払った役人への給料も相当なものだろう。

減給などの処分はあったみたいだけど、そんなもん焼け石に水。

税金泥棒だね、こりゃ。



追加給付は当然の権利なのでしっかりいただくとして、問題はその額。

ネット上では、「たったこれだけ?」とか「0円かよ」などの声があふれていた。

これはあまり期待しない方がよさそう。

こちらのページで簡易計算ができるというので、ちょっとやってみた。

指示に従って、年齢・離職前の平均月収・受給開始時期をクリックしていく。

出た結果は…

2020022502

少なっ!

こんなお賽銭にもならない小銭を払い出すために、その何倍ものコストをかけたの?

信じられん。



ただ、私が受け取った失業手当は「失業保険を受けるために~総まとめ編」で書いた通り、約117万円。

結構もらった方だと思うので、今般の追加給付もそれに比例してしかるべきだ。

先の計算は平均額であり、詳しく知りたい人はこちらの計算シートで計算せよ、とある。

なんだ、最初から言っといてよ。


エクセルのファイルをダウンロードし、さらに細かい数字を入力していく。

捨てずに保管していた「雇用保険受給資格者証」を取り出して、間違いのないように。

そして出てきた金額は…

2681円!

おー、まあまあじゃないの。

これなら手続きする意味もあるわ。

回答票に記入して投函することにしよう。



昨今の新型コロナウイルス騒ぎでも、厚生労働省がやり玉にあがっている。

未知のウイルス相手に完璧な対応をしろなんて言わないが、それでもやっぱり後手後手の穴だらけ感は否めない。

現場で体を張ってことに当たっている担当者には感謝します。

でも、オペレーションがグズグズだわ。

日本ってもっと優秀で安全な国だと思っていたんだけど、どうやら幻想だったみたい。

ニュースを見るたび、がっかりする毎日です。


厚労省が国民を危険にさらす
厚労省が国民を危険にさらす木村盛世

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング