新型コロナウイルスのニュースが続く今日この頃。

特に豪華客船ダイヤモンド・プリンセス号で足止めされている人たちは、気の毒というほかない。

感染しても症状が出ない人もいるというし、発症しなくても感染させられるとなれば、こりゃもうできるだけ引きこもるのみだ。



【スポンサード リンク】


2020021301


しかし、あまりびびって家から出ないのも、精神衛生上よくない。

食材だって調達しなきゃいけないし、外でランチも食べたい。

北海道の感染者はまだ一人しか確認されていないので、気をつけていればそれほど心配する必要もないのだろう。


そう思って、先週は映画館に行ってきた。

シアターキノ会員の無料鑑賞権を3月までに使い切らなければならず、重い腰を上げて出撃したのだ。

しかも、2本連チャン。

1本目の「ジョジョ・ラビット」は7割の入りだったのだが、2本目の「さよならテレビ」は満席で、折りたたみ椅子まで出されるほどだった。

人口密度が気になったけど、咳をゲホゲホしたり、鼻をズルズルしたりする迷惑者はおらず、穏やかに映画を堪能することができた。

もちろんこっちも、しっかり対策はしていたからね。



今回のウイルスには、手洗いも大事だけど、アルコール消毒が有効。

そう聞いた私は、家を出る前に消毒液をたっぷりと手にすりこんだ。

そして革の手袋をはいたのだが、手袋が汚染されていたら意味がない。

そう思って、今度は手袋の上からアルコール消毒してみた。

安心度がアップした!



調子に乗った私は、他にもアルコール消毒できるものはないか探してみた。

そうだ、マスクも消毒しよう!


貧乏性の私は、使い捨てマスクを使ってもすぐに捨てたりはせず、何回か使いまわししていた。

でも、ダメなんだってね、アレ。

マスクの表側にウイルスが付着するから、ちゃんと一回一回新しいのを使わないといけないらしい。

うーん、理屈はわかるけど、なんかもったいない。

そこで、マスクもアルコール消毒して、耐性を上げようと考えたのだ。

そのマスクで呼吸すれば、口や鼻の粘膜もアルコール消毒されて一石二鳥じゃん!


さっそく、使い捨てマスクに消毒液を噴射してみた。

布地がしっとり湿るくらい、何度も何度も吹きかける。

全体の色が水分で変わったのを確かめて、殺菌マスクは完成。

これならウイルスなんて怖くないぞ!


そして、ちょっとワクワクしながら、マスクを装着した。

すると…


思いっきりむせた。


気化したアルコールをダイレクトに吸いこんだせいで、大変なことになったのだ。

口も鼻もアルコール消毒? バカなことを考えたわ。

あれでハンドルなんか握ったら、たぶん酒気帯び運転で捕まるね。

それくらい強烈な衝撃をくらってしまった。


仕方ないので、アルコールマスクをブルンブルン振り回して乾燥させる。

もう大丈夫かなと思って再装着するも、まだかなりきついにおいが残ったまま。

それでも、映画の時間が迫っていたので、そのまま外に出た。

あれって、乾いちゃったら殺菌能力ないんだってね。

ただ酒くさいマスクおじさんが完成しただけでした。



以後、あんな無謀なマネは控えているし、一度使ったマスクは捨てるようにしている。

さらに手指のアルコール消毒は、これまで以上に頻繁にするようになった。

願わくば、街なかにももっとアルコール消毒液を置いてくれたいいのになあ。

入り口に常備しているお店って、意外に少ないのよね。

中国からの観光客があんなに闊歩しているのに、そのへんの危機意識は低いみたい。

品薄という事情もあるんだろうけど、ちゃんとしているお店は安心して入れる。

客商売をしている皆さん、なにとぞよろしくお願い申し上げます。


新型コロナウイルス肺炎、インフルから身を守れ! (安心4月号増刊)
新型コロナウイルス肺炎、インフルから身を守れ! (安心4月号増刊)安心編集部

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング