今日は、「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」の公開初日。

少しでも早く観たかった私は、昨日の深夜に開催された「カウントダウン上映」に行ってきた。

今日は、その足取りを記事にしてみたい。

(ネタバレはありません)



【スポンサード リンク】


2019122001


42年前に始まった伝説が終わるので、私も気合を入れて臨むことにした。

カウントダウン上映のチケットを手に入れるべく、12日深夜の発売開始時間にユナイテッドシネマのサイトをチェック。

しかしあまりの混雑につながらず、仕方ないので翌朝起床と同時に再チャレンジした。

目当てのIMAX3Dは前半分の席しか残っていなかったが、その中でもできるだけ観やすそうな場所を選んで、確定ボタンをポチ。

これでなんとか、世紀の深夜イベントには参加できそうだ。


その後は、「フォースの覚醒」と「最後のジェダイ」のBDを借りてきて復習鑑賞。

万全の状態で、運命の日を迎えた。



上映開始は0時30分だったが、何かあっては困るので、夜10時には家を出る。

数日前まで惑星ホスのように凍っていた路面も、ここ数日の陽気ですっかり溶けた。

ここは、愛車のランドスピーダーで行くしかない!

夜は暗いので、慎重にペダルをこいで現地に向かう。



途中、エネルギー補給のために寄ったのが、惑星ふじ屋NOODLE

以前「ハナタレナックス」で、中央区の「KING OF RAMEN」を争った名店だ。

注文したのは、ここのイチオシメニューの「味噌」。(味玉トッピング)

2019122007

魚介と豚白湯のスープは、とろみと深みにあふれたまろやかさがマジウマで、中太縮れ麺との相性も抜群。

低温調理したチャーシューのやさしいやわらかさに、思わず頬が緩む。

肉みその味わいも濃厚で、もう非の打ちどころなし!

これで、サーガの完結にも立ち向かえるってもんだ。



エネルギー補給を終え、再度チャリンコスピーダーを走らせる。

大通公園のイルミネーションは消えていたが、テレビ塔は煌々とライトアップされていた。

あとで聞けば、あれは映画公開を記念した、赤と青のフォースカラーだったらしい。

ちゃんと写真撮っておけばよかった…。



そして、劇場に到着。

2019122002

2019122003


上映までまだ時間はあるというのに、そこはすでにモス・アイズリー空港の酒場のようにごった返していた。

2019122004

発券パネルの前で何やら操作していたチューイをパチリ。

劇場が用意した盛り上げ役なのか、コスプレした一般客なのか、はたまた本物なのかは不明だ。

ジェダイの衣装を着た人も何人かいて、いやがおうにも場は盛り上がっていった。



そしてついに、IMAX3D上映の入場が始まった。

これは、入場者特典のポストカード。

2019122006

IMAX3D用のグラスを持参したら、「IMAXレーザー専用のメガネじゃないと観られません」と言われ、その場で購入。

新品の香り漂うシートに座って、上映開始を待った。



時刻は0時30分。

ついにそのときはやってきた。

シリーズの掉尾を飾る2時間22分が始まった。


前作の残念なところをまだ引きずってはいるものの、さすがはヒットメイカーJ・J・エイブラムス。

各キャストに見せ場を作り、クライマックスは見事な大団円。

巨匠ジョン・ウィリアムスの集大成とも言えるスコアに胸を震わせながら、映画は3時少し前に幕を下ろしたのでした。



劇場を出ると、コンセッションには長蛇の列。

私も限定版のパンフを買い求めた。

2019122005


外に出たのは3時15分。

人気の消えた深夜の札幌の街を、スピーダーで一気に駆け抜けたのでした。



1978年、私が小3のときに公開され、父と一緒に観た「スター・ウォーズ」。

1980年、小5のとき、これまた父に連れられて観に行った「帝国の逆襲」。

1983年、中2のとき、自分のおこづかいでひとりで劇場に行き、入替なしでリピート鑑賞した「ジェダイの復讐」。

1999年、社会人となり、30歳を目前に控え、子供のように盛り上がった「ファントム・メナス」。

2002年、劇場スルーするほど仕事が忙しく、後日自宅でDVD鑑賞した「クローンの攻撃」。

2005年、前作の雪辱を晴らすべく、公開初日に劇場に駆けつけた「シスの復讐」。

2015年、ルーカスなしの作品に不安を抱きつつも、やっぱり期待して観た「フォースの覚醒」。

2017年、ルーカスなしの作品に不安を抱き、あまり期待せずに観た「最後のジェダイ」。

そして2019年、「スカイウォーカーの夜明け」だ。

あの頃まだ8才だった少年が、今や50歳の大台にのってしまった。

「スター・ウォーズ」のサーガは、私の人生のサーガでもある。

ディズニーはまだまだ続きを作るみたいだけど、私はもう十分。

「ターミネーター」シリーズが私の中では「2」で終わっているように、「スター・ウォーズ」もここで終わったとみなす。

こんな素晴らしい世界を作り上げた天才ルーカスと、天才の引継ぎという難題に取り組んだエイブラムスに感謝の意を表して、この記事の締めくくりとします。

本当にありがとうございました。

スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン (スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け) 1/144スケール 色分け済みプラモデル
スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン (スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け) 1/144スケール 色分け済みプラモデルBANDAI

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング