昨日12月23日は去年までは祝日だったけど、今年は31年ぶりに平日に戻ってしまった

しかし私は、いつものごとく通常休業。

セミリタイアして1879日目となった一日を追ってみたい。



【スポンサード リンク】


映画鑑賞400本を達成!


7月の中間振り返りで、映画の年間目標を300本から400本に上方修正した。

これまでの最高記録は昨年の283本なので、とてつもなく高いハードルだ。

しかし「4ヶ月Netflix生活」を経て、一昨日までの鑑賞は399本を数えた。

そして昨日のお昼前に自宅で観た映画で、ついに400本を達成したのだ。

記念すべき400本目の映画は、オールタイムベストの1本である「デッドゾーン」

【The Dead Zone trailer】

駄作だらけのスティーヴン・キング原作映画の中で、奇跡的な完成度を誇る名作だ。

私がこの年のアカデミー賞を決めていいのなら、他の映画を押しのけて、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚色賞、音楽賞をあげちゃうね。

もう何回観たかわからないのに、またしてもラストは号泣。

せつない余韻に浸りながら、大記録を達成したのでした。


久しぶりにガッツリと…


昨日は、日が暮れてから街に出撃。

以前から気になっていたお店で、早めの夕食を取ることにした。

ノルベサのビルの地下にある「ロクゴーガッツ」というラーメン店だ。

いわゆる二郎系のラーメンを提供しているお店で、注文したのは「ガッツラーメン(醤油)」

2019122401

無料トッピングの背脂と野菜を追加してもらったら、いかにもな一杯が出てきた。

チャーシューは、バラ肉とロース肉から選べるようになっていて、私はやわらかそうなバラ肉をチョイス。

最後に二郎系を食べたのはセミリタイアする前で、こってりスープや極太麺の想像通りの味に満足した。

ペイペイで支払うと、なんと全額バック!

2019122402

だったらもうちょっと高いのを頼めばよかった…なんて貧乏くさいことを考えちゃダメよね。

タダでいただいた上に5%還元までされちゃって、もう一生いいことないかも。


図書・情報館で読書


次の予定まで時間があるので、セミリタイアのオアシス、図書・情報館で読書にいそしむ。

読んだのは、去年「そしてミランダを殺す」でガツンとやられたピーター・スワンソンの新作、ケイトが恐れるすべて

ケイトが恐れるすべて (創元推理文庫)
ケイトが恐れるすべて (創元推理文庫)ピーター・スワンソン

Amazonで詳しく見る

前作と同様、途中から予想だにしない方向に話が進んで、やっぱりすこぶる面白い。

2時間ほど活字とたわむれました。


今年の映画館納め


読書を終えた足で向かったのは、ユナイテッドシネマ札幌。

今週で上映終了する映画、「ドクター・スリープ」を観るためだ。

これもまたスティーヴン・キングが原作で、キューブリックの名作「シャイニング」の39年ぶりの続編。

これを観るために上下巻の原作を読破し、前作は映画を復習鑑賞するだけでなく、1997年のドラマシリーズまでチェックした。

万全の態勢で席に座り、上映がスタート。

【ドクター・スリープ 本予告】

原作を大胆に脚色した前作を引き継ぎながら、できるだけ原作に忠実に作ろうとしている姿勢に好感が持てた。

…と前半は思ったのだが、後半になるとそうとも言い難い展開を見せ、結果的にはオリジナルな結末に。

それがよかったかどうかというと…うーん、どうなんだろう?

前作の裏話を知っていると、あの展開にうなずけるものもあるんだけど…。


あと、ドラマ版「シャイニング」を観たときも思ったのだが、やっぱりキューブリックってすごいんだわ。

あのレベルの映画を作れる人って、今の世の中数えるほどだよ。

それと比べちゃ悪いけど、あの映画の続編を作るのは、どうしたって無謀なチャレンジでしかないね。


映画が終わったのは真夜中のちょっと前。

今年劇場で観たい映画はもうないので、これが映画館納めとなりました。



というわけで、久しぶりの「セミリタイア〇日目の記録」でした。

31年ぶりの平日に、充実した一日を送ることができた。

これもまた、セミリタイアの醍醐味ってやつかしら。


クローネンバーグのデッド・ゾーン(字幕版)
クローネンバーグのデッド・ゾーン(字幕版)クリストファー・ウォーケン, マーティン・シーン, トム・スケリット

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング