今日は、6月に観た「八甲田山」と、今月観た「日本のいちばん長い日」について。

どちらも恥ずかしながら初見だったので、個人的なエピソードは特にない。

それでは、ネタバレなしの鑑賞レポートをどうぞ。



【スポンサード リンク】


八甲田山 4Kデジタルリマスター版

2019071801


「八甲田山」は、1977年公開の東宝映画。

明治35年に起きた「八甲田雪中行軍遭難事件」を、実際に雪の八甲田山ロケを敢行して再現し、当時の邦画最大の配収を記録した大ヒット作である。

8歳だった私はもちろん観ておらず、この歳になるまで触れる機会もなかった。

この壮大なスケールは、大スクリーンで観るにふさわしいだろうと、今回の上映を楽しみにしていたのだ。


製作から40年が過ぎてフィルムが劣化してきたため、昨年、撮影監督の木村大作が4Kデジタル修復を監修した。

映画祭のパンフレットによると、

すべてのカットの明度を調整し、俳優の表情やリアクションを際立たせたことで、この遭難事故がなぜ起きたのかという、人物関係がより分かる仕上がりになっている

とのこと。

雪山ロケでは照明にも限界があって、オリジナル版は登場人物の表情が見えにくかったのかな?

また、

徳島大尉(高倉健)が「八甲田で見たことは…(中略)」と道案内に口止めする場面は、オリジナル版のときにはカットされ(中略)たが、今回は劇中に挟み込まれている

とも書いてある。

オリジナル版より2分長いのは、このカットを組み込んだせいかな?


この「4Kデジタルリマスター版」は、BSやCSで放送されてはいるが、劇場で上映されるのは今回の「午前十時の映画祭」が初めてだろう。

つまり私には、オリジナルよりも数段高い完成度の本作が、初めての出会いとなったわけだ。

今まで待った甲斐があったわー。


【八甲田山 予告編】


3時間弱の長丁場で、眠りそうになったら「寝たら死ぬぞー」と自分に喝を入れようと思っていた。

CGのなかった時代に、過酷なロケに挑んで本物の雪山の厳しさを切り取った本作は、そんな甘さを簡単に吹き飛ばしてくれた。

なんなら、冷房がほどよく効いた劇場で観るのが申し訳ないくらい。

1902年の悲劇を、1977年に無謀な撮影で再現した映画を、2019年に大きなスクリーンで観ることができてよかったです。



日本のいちばん長い日 4Kデジタルリマスター版


「日本のいちばん長い日」は、1967年の東宝映画。

昭和20年8月14日のポツダム宣言受諾から、翌15日に玉音放送が流れるまでの、緊迫した一日を描いた名作である。

私が生まれる2年前の作品で、生まれてからも観る機会がないまま、ついにこの歳まで来てしまった。

本作も「八甲田山」と同様、4Kデジタルリマスター版による上映だ。


【日本のいちばん長い日 予告編】


メインどころからわき役まで、当時の東宝スターが次々と登場して、とにかく目が離せない。

そのすごさは、世代の違う私でもわかるほどだ。

あの時代の黒澤映画や特撮映画を見慣れているせいかしら。


そしてなにより、この歴史的な日に何が起きたのか、私自身何も知らなかったことに驚いた。

「宮城事件」なんて、教科書に載ってました?

まあ、学校で教わってもすぐに忘れてしまうだけであり、そういう意味でも本作は、すべての日本人必見の一作と言えるだろう。


もちろん映画としても出色で、結果が分かっているにも関わらずハラハラドキドキの連続で、2時間半なんかあっという間。

日本映画史に残る名作を、平日の午前中から大スクリーンで観られる私は、間違いなく幸せものだ。

それも、74年前のあの日に玉音放送が流れたおかげだと思うと、感慨深いものがあります。


ちなみに、2015年公開の原田眞人監督によるリメイク版は、もちろん未見。

あの監督とは昔から相性が悪く、今後も観るつもりなかったのだが、この映画祭のポッドキャストを聴くと、比較する意味で観ておいた方がいいらしい。

一応録画してあるので、期待値ゼロで観てみようかな。



これで「午前十時の映画祭」も6本鑑賞した。

次はまたガラッと変わって、「ブルース・ブラザース」を観に行く予定。

ベルーシが亡くなって、もう37年がたつんだ。

いつも思うけど、月日が過ぎるのは早いものね。


八甲田山 <4Kリマスターブルーレイ> [Blu-ray]
八甲田山 <4Kリマスターブルーレイ> [Blu-ray]高倉健, 北大路欣也

Amazonで詳しく見る
日本のいちばん長い日
日本のいちばん長い日三船敏郎, 加山雄三, 黒沢年男

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング