2月22日を「にゃんにゃんにゃん」で「猫の日」と決めたのは、一般社団法人ペットフード協会らしい。

しかしわが家の場合、ねこちゃんの日は2月5日

なぜなら、わが家にねこちゃんがやってきたのが、昨年の今日だから。



【スポンサード リンク】


早いもので、あれからもう1年がたった。

この間、快便快尿で病気らしい病気もしなかったのが何よりだ。

これからも元気でいてね、ねこちゃん。



ところで、うちのねこちゃんはもともと保護猫で、誕生日はおろか年齢さえもはっきりしない。

保護猫ボランティアの方も、「1歳ぐらい?」「いや、2歳にはなってる」と意見が分かれていた。

なので、「これ!」という日を誕生日として特定することはできない。

そこで代わりに、わが家にやってきた2月5日を、「ねこちゃん記念日」としてお祝いすることにしたのだ。



誕生日に準ずるお祝いなので、欠かせないのはプレゼント

奮発して3つも買ってきてしまった。

ひとつめは、ダイソーで買った猫じゃらし

2019020501

実は、これは2代目。

初代は、ねこちゃんの容赦ない攻撃によって、見るも無残な姿になってしまっていた。

2019020502

ね、ひどいでしょ。

2代目も、目の前で動かすと鋭い爪でつかみかかられ、さっそくえじきに。

先代の二の舞となる日も近いことだろう。


ふたつめもダイソー。

2019020503

キャットニップの入った小さなぬいぐるみだ。

またたびにも反応したりしなかったり、とにかく気まぐれなねこちゃんなので、これにも食いつくかどうか疑問だった。

実際、目の前に差し出すと、前足でちょいちょいしたものの、あとは上に乗っかって香箱座り。

やはり不発だったようだ。


みっつめは、ダイソーではなく狸小路のペットショップで購入した「グルグル玉ころ」

2019020504

組み立ては簡単で、上の棒を突き刺すだけ。

2019020505

完成品を彼女の前に置いてみると、最初は警戒していたが、やがて前足を伸ばしてボールをちょいちょい。

上の部分にも、鼻を近づけスンスン。

でも、すぐに興味をなくして、あっちへ行ってしまった。

あれー、これはそこそこの値段だったんですけど…。

まあ、気が向いたら遊んでくれるだろう。



プレゼントは不発に終わったが、こちらはきっと喜んでくれるはず。

それは、ケーキ

といっても、猫用の特別なケーキを買ってきたわけではない。

ウェットフードでそれっぽいものを作ってみたのだ。

材料はこちら。

2019020506

ねこ缶をケーキ風に盛り付けして、生クリームの代わりにちゅーるを使う。

これなら、ねこちゃんまっしぐら!(のはず)


そしてできたのが、こちら。

2019020507

猫用のかつおぶしをまぶしてみたら、見た目は完全にお好み焼きだ。

まあ、いいや。

記念日なので、ろうそくもたててみた。

しかし、生地がふにゃふにゃですぐに倒れてしまい、火をつけるまではいたらず。

まあ、いいや。食べてみて。

2019020508

ほら、頭がブレるくらい鼻息荒くして食べてるわ。

よかったよかった。



以上が、わが家のねこちゃん1周年記念日でした。

ただこれで終わると、ねこマニアの読者から、「ねこちゃんの写真はあのブレブレだけ?」と怒られそう。

なので、昨年末に撮った後ろ姿ショットを掲載します。

2019020509

どうかこれでご勘弁を。


猫がいなけりゃ息もできない (ホーム社)
猫がいなけりゃ息もできない (ホーム社)村山由佳

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング