今年の退職金のお引越しについては、昨日の記事で書いた。

しかし、これで終わりではなかった。

新しい預け先は、実はもうひとつあったのだ。



【スポンサード リンク】


2016072201


昨日の渡島信用金庫おしん感謝預金は、預入金額に上限が設定されている。

しかし、直前の東京スター銀行に預けていたのは、生活資金以外のすべての現金資産なので、「おしん」だけでは吸収しきれない。

そのオーバー分の預け先も同時に探していたのだが、いやいや、あるもんだね。

それは、ウリ信用組合懸賞品付 プレミアム定期預金だ。


ここは、名前が示す通り朝鮮系の信用組合で、北海道をメインに東北地方までのエリアで営業をしている。

国内の金融機関じゃないので、今までも耳にはしていたものの、なんとなく避けてしまっていた。

でも調べてみると、知る人ぞ知る高利回り商品を取り扱っていて、結構人気があるらしい。

ならば私も乗っかっちゃおうじゃないの。


「懸賞品付 プレミアム定期預金」は、6月から9月までの期間限定で募集中のスーパー定期預金

預入期間は1年・3年の2種類で、金利は、

  • 1年もの…年0.5%(税引き後0.398%)
  • 3年もの…年0.6%(税引き後0.478%)

3年ものにいたっては、「おしん感謝預金」の7年もの(年0.55%)を上回っている!

しかも、一口の上限金額は1,000万円だが、それ以上預けたければ何口でも契約できるという太っ腹。(ただし募集総額に達するまで)

なんだか話がうますぎて、怪しいものを感じてしまうくらいだ。

でも、過去の同商品の募集実績を確認しても、特に問題があったようには見えない。

んじゃ、3年ばかり預けてみっか!



というわけで、渡島信金を出たその足で、大通西12丁目の本店営業部へチャリンコで向かう。

応対してくれた窓口の女性はチマチョゴリを着ていて、完全に半島系の雰囲気。

でも日本語はペラペラで、日本人と話しているようにしか見えず、今でもどっちだったのかよくわからない。


事前に電話でいろいろ聞いて疑問を解消しており、手続きはスムーズに進んだ。

ここは信用組合なので、この商品を利用するには出資金を払って組合員になる必要がある。

出資金の最低額は1万円で、こちらは手続きをすれば将来的には返還してもらえるという。

高金利をゲットするためなら、それくらい全然OK。

1万円を支払って組合員となり、所持していた現金を無事預け入れることができた、というわけだ。



なおこの商品には、5,000円相当の北海道・東北グルメが当たる懸賞もついている。

カニやメロンや桃や牛タンの写真が載っているので、これも当たったらうれしいな。

まあ、あまり期待しないで待つとしよう。

次回は、3年後の「退職金お引越し大作戦 2021夏の陣」でお会いしましょう!


お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計
お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計岩崎淳子

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング