うちのねこちゃんは、空腹だとにゃーにゃー鳴いて寄ってくるけど、それ以外で自分から甘える素振りを見せることはほとんどない。

「猫は抱くもの」なんて映画が公開されていたが、あのタイトルは間違いだ。

うちの場合、「抱っこなんてとんでもない」が正解である。



【スポンサード リンク】


2018042701

向こうは抱っこされたくなくても、こっちは抱っこしたい。

しかし、ちょっとでも抱き上げようものなら、爪を立てた足を振り回して、渾身の力で暴れまくって逃れようとする。

結果、手や腕から血が出るわ、ねこちゃんからは警戒されるわ、散々な目に遭うのだ。


それでも抱っこしたい私が、ある日ネットを見ていて、「これだ!」と思わず膝を打った記事があった。

それは、「ねこをえさで釣る」という、なかなか姑息な手段だった。


膝の上でごはんを食べさせる


カリカリを入れたお皿を持ったまま椅子に座ると、膝の上に乗ってきて食べるという。

うちのねこちゃんの警戒心を考えると、「そんなうまく行くかなあ」と半信半疑だった。


実際にやってみると、最初はにゃーにゃー鳴きながら、ソファの周りで抗議のデモを続けるねこちゃん。

しかし、食欲には勝てなかったようで、恐る恐る膝に前足をかけてのぞきこんできた。

そして次の瞬間、太ももの上に勢いよく飛び乗ってきたのだ!

一心不乱にカリカリをむさぼり食うねこちゃんを、ただひたすら感動しながら見つめ続ける私。

幸せな重みをかみしめていたら、あっという間にお皿は空っぽに。

すると、「もう用はない」とばかりに、ねこちゃんは逃げるように飛び去ってしまった。

カリカリほしさに仕方なく乗っていただけなのね。

それでもいいや、幸せだったから。


以後はカリカリを持ってソファに座ると、何のためらいもなく飛び乗るようになってきた。

そして食べ終わると、これまた何の未練もなく、太ももを蹴って去っていく。

食事の時間が近くなると、座っている私をのぞきこんでくる。

時には、カリカリもないのに飛び乗ってくることも!

しかし、「うれしー!」と飼い主が喜んでいるのもつかの間、「チッ、だましたわね」と、いつもより強めに飛んでいかれるのがオチだ。

何の駆け引きもなく、甘えて膝の上に乗ってくれる日は、しばらく来ないようだ。



カリカリがなくても、膝の上にねこちゃんを乗せてなでまくれる方法はないか?

…それが、あったのだ。


段ボール箱ごと抱っこする


私の部屋には、ねこちゃんが自由に遊べるように、amazonの段ボール箱が無造作に置いてある。

ある日、中で休憩中のねこちゃんごと箱を持ち上げてみたら、全然動こうとしなかった。

「これはイケる」とそのままソファに移動して、箱を膝の上に乗せる。

箱の中で四肢の力を抜いたまま、私を見上げるねこちゃん。

かわいぃー!

自分を止められずにねこちゃんをなでまくるも、特にいやそうな顔もしないので、ひたすらなでまくった。

箱の中にいることで安心しているのかも。

段ボールごしとはいえ、ねこちゃんの重みを感じつつ、スキンシップを図れるなんて夢のようだわ!


あまり長くなで続けると、するりと逃げて行ってしまうんだけど、それまでは好きなようにさせてくれる。

直接抱っこできないなら、これで我慢しなきゃね。



それでは最後に、ひさしぶりのサービスショットをどうぞ。

1枚目は、カーテンから見えている後ろ足。

2018073101

2枚目は、窓際でお休み中のしっぽ。

2018073102

それでは、ねこ大好きなみなさん、ごきげんよう、さようにゃら。


猫だって……。
猫だって……。佐竹茉莉子

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング