私がはじめてレンタカーを借りた理由」でも書いたが、先月はじめてねこちゃんを車で連れ出し、実家に連泊させた。

ドライブも外泊も、ねこちゃんにとっては相当なストレスだったはずだ。

できれば、慣れ親しんだ環境から一歩も離れたくないに決まっている。



【スポンサード リンク】


2018062401


しかし今回の件で、私が高校を卒業するまで住んでいた実家も、ついに空き家に。

その関係で、これからしばらくの間、ときどき出向くことになった。

日帰りでちょっと行ってさっと帰ってくるというわけにはいかず、家を空けた場合のねこちゃん対応をどうすべきか、考えなくてはならなくなった。

何日も不在にするようなら、またレンタカーを借りて連れていくか、預け先やペットシッターを探す必要がある。

しかし1~2泊ぐらいなら、彼女ひとりでお留守番してもらえないかしら?

そう考えて、必要な準備をすることにした。


ごはん問題


ねこちゃんを自宅に置いていくに当たり、まずクリアしなければならないのが、この問題。

朝夕2回、体重に応じた分量のカリカリを与えているのだが、数日家を空けるからと言って、大皿にまとめてドーン!というわけにはいかない。

うちのねこちゃんは、目の前にあればあるだけ食べてしまう、大の食いしん坊だから。

決まった時間に決まった量のカリカリを出してくれる、便利な道具はないかしら?


ネット上を探しまわり、比較検討を重ねた結果、購入したのがこれ。


自動給餌器数あれど、6回先までお任せできる機種は、そう多くない。

手持ちの楽天スーパーポイントで買えちゃうぐらい値段もお手頃だったので、これにしてみた。


実際に使ってみると、最初の設定が結構手間だったのだが、それさえクリアすれば、期待通りの仕事をしてくれるスグレモノだった。

一泊二日で帰宅したときは、セットしたとおりにカリカリがなくなっていて、胸をなでおろした。

これで、お留守番時のごはん問題は解決したわ。


飲み水問題


ごはんと同じくらい大事なのが飲み水で、いつもはカリカリを出すと同時に新しく入れ替えている。

なので自動給水器もネットで探して、簡単な仕組みのものを買ったのだが、これが大失敗!

帰宅してみると、給水器の周りが大洪水になっていたのだ。

たぶん、興味本位でねこパンチでもした結果、タンク部分から水がこぼれてしまったのだろう。

お皿に水は残っていたので、飲み水に困ったりはしなかっただろうが、彼女の手ぐせの悪さを想定しなかったこっちに責任があるのよね。

結局その後は、水の入ったお皿を部屋のあちこち置くことしたので、自動給水器の出番はなくなってしまった。

一泊二日ぐらいなら、これでなんとかしのげるでしょ。


トイレ問題


これについては、特に対応はせず。

おしっこ処理不要の「ニャンとも清潔トイレ」に切り替えたので、一泊二日ぐらいならうんち掃除も我慢してもらおうかな、と。

実際、帰宅後のトイレはうんちがコロコロしていたので、すぐにきれいにしてあげた。

もっと長い日数だとアレだけど、これくらいは許してね、ねこちゃん。



しばらくぶりに帰宅すると、リビングの入り口まで迎えに来て、にゃあにゃあ鳴くねこちゃん。

きっと、留守中の不便の数々について、文句をぶちまけているのだろう。

でも、当方ねこ語はわからないので、ただひたすらかわいいだけ。

次のお留守番もよろしくね。


夏への扉
夏への扉ロバート A ハインライン

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング