この年末年始も実家で過ごし、昨日札幌の自宅に戻ってきた。

びっくりハプニングがあったものの、総じて例年通りの穏やかな日々だった。



【スポンサード リンク】


2018010501


大みそかは、「ガキ使」の合間に安室ちゃんを見て、お寿司と年越しそばを食べた。


元旦は波乱の幕開けだったけど、夜は「芸能人格付けチェック」でYOSHIKIのオーラにひれ伏し、「相棒」の元旦スペシャルを堪能した。


2日は、箱根駅伝の東洋大往路優勝を見届け、初詣でおみくじをひいた。

夜はドラマ「都庁爆破」と「忘却のサチコ」を連続で観た。

前者は近年まれに見るひどさだったけど、後者は高畑充希の才能に惚れ直した。


3日は、業者に来てもらって玄関を直してもらい、箱根駅伝の青学4連覇を見届けた。

午後は白老町虎杖浜のアヨロ温泉で日帰り入浴し、夜は「君の名は。」地上波初放送を観た。

映画館で観たときはRADWIMPSをうるさく感じたけど、今回は慣れたせいかあまり気にならなかった。


4日は、新年一発目の「わろてんか」を観て、午後イチで高速バスに乗って札幌へ。

ふだんのセミリタイア生活に戻ったというわけ。



会社を辞めていなかったら、こんな余裕はまったくない。

仕事始め前々日の2日には、帰りの飛行機に乗っていたはずだ。

前日の移動だと、何かあった場合、初日に出勤できなくなるからね。


年明けの初出勤日は、まだ正月ボケしているから、本当なら楽な仕事でソフトランディングしたいところ。

しかし、私が働いていた会社はまったく逆で、初日には大きな会議が入っているのが通例だった。

年末にできる限りの準備をしておくのだが、それでも当日は、朝から目の回るような忙しさに殺されそうになる。

だから、年明けのサザエさん症候群の重さたるや、いつもの日曜日の比ではなかった。

そんな状態で、日本の正月を満喫できるわけがないよね。

今思うと、肉体的にも精神的にも、本当に大変だったなー。



そんな会社残酷物語も、もう昔の話。

昔の仲間が朝から仕事をしているときに、実家で悠々自適なんだから。

正月ボケを吹き飛ばして走り回っているときに、「何時のバスに乗って帰ろうかなー」なんて考えているんだから。


セミリタイアも4年目にもなると、こういう幸せが当たり前になって、ありがたみが薄れてしまう。

だから、こういう機会に過去を振り返って、初心に帰るのも大事かなーって。

なので、ひさしぶりに書いておこうっと。

セミリタイアしてよかった!


サザエさんと長谷川町子 「サザエさん戌年年賀状」付き (週刊朝日増刊)
サザエさんと長谷川町子 「サザエさん戌年年賀状」付き (週刊朝日増刊)長谷川町子

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング