昨日は、1年間楽しませてもらった「おんな城主 直虎」の最終回だった。

そこで、朝ドラが終わるたびに書いてきた「私の好きな登場人物」を、今年の大河でも考えてみたい。

(ネタバレは少しだけあります)



【スポンサード リンク】


2017121801


セミリタイアしてから初めてリアルタイムで観た大河、それがこの「おんな城主 直虎」。

去年の暮れに高殿円の「剣と紅 戦国の女領主・井伊直虎」を読んでいたので、あとでまとめてイッキミじゃなく、すぐに観ておきたくなったのだ。

その判断は、間違っていなかった。

戦を忌み嫌う女大名が主人公の時代劇が、毎週の楽しみになっていたもの。

合戦シーンなしに戦国時代真っ只中を描くことができるとは、まさに目からウロコだわ。


この異彩を放つ物語を、タイトルロールとして堂々と引っ張っていったのが柴崎コウ

デビューした頃から見ているけど、ホントにいい役者になったね。

緊張感のあるシーンから肩の力が抜けたような場面まで、この緩急のつけ方は見事というしかない。

彼女の屈託ないの笑顔に、どれだけほっこりさせられたことか。

なので、「直虎」の好きな登場人物ベスト1は、ダントツで井伊直虎です!


ただ、これまでも主役は別格でベスト5を選んできたので、今回もそれにならってあと5人挙げてみたい。


第5位 徳川家康(演:阿部サダヲ)

気弱で優柔不断な、戦嫌いの戦国大名。

周りを気にしてばかりの臆病な性格が功を奏して、生き馬の目を抜く動乱の時代を上手に乗りきっていく。

井伊家を潰してしまった負い目から虎松を重用し、戦のない世への想いを直虎と共有する家康は、人間味にあふれていた。

全編頼りないんだけど、人を見る目だけは確かな好人物を、阿部サダヲが飄々と演じていて印象的だった。


第4位 小野但馬守政次(演:高橋一生)

ことあるごとに直虎に異を唱える、冷酷無比な井伊家筆頭家臣で、「剣と紅 戦国の女領主・井伊直虎」でも権力志向のイヤミ野郎として描かれていた。

しかし話が進むにつれ、クールな仮面に隠された熱い想いが明らかになっていき、深すぎる人物描写にうならされた。

史実はどうだかわからないけど、こっちの方が圧倒的に魅力的で、こういう裏表のあるセンシティブな役をやらせたら高橋一生は当代一だ。

最後の最期の瞬間まで、魂のこもった演技は素晴らしかった。


第3位 中野直之(演:矢本悠馬)

井伊に仕える中野家の家臣で、通称「之の字」。

言葉はいつも荒っぽく、女である直虎をいつも見下していて、反抗的な態度を隠そうともしない。

しかし武術には長けているので、頼りがいは抜群。

減らず口の合間に見え隠れする忠誠心や、終盤で明らかにされた直虎への想いには、胸を熱くさせられたわ。

小柄な体格というハンデをはねのけて、ストレートに之の字を演じきった矢本悠馬、かっこよかったぜ!


第2位 なつ(演:山口紗弥加)

政次の弟の妻で、夫が戦死したあとも小野家に残り、政次に仕えながらひそかな想いを寄せる。

いつもカリカリしている姉のしの(虎松の母)がうざすぎるのもあって、穏やかで控えめで思慮深いなつは、女性的な魅力にあふれていた。

時にやさしい笑みをたたえて周りを癒し、時に孤立する政次や懊悩する直虎を陰から支え、精神面での重要度は脇役以上のものがある。

演じた山口紗弥加が、たおやかで美しいのよ。

役の素晴らしさと彼女の資質が見事にマッチしていて、本当に魅力的でした。


第1位 龍雲丸(演:柳楽優弥)

盗賊集団「龍雲党」の党首で、本作オリジナルのキャラクター。

当初直虎と対立するも、その理想に共感して以降は党を挙げて協力し、井伊家の危機を何度も救う。

直虎とのロマンスも見どころで、あの竜宮小僧を相手にできるのはこいつしかいないだろう。

自由奔放で豪放磊落な英雄役を、柳楽優弥は完ぺきに演じきっていた。

「土スタ」にゲストで出ていた彼は言葉数少ないシャイボーイで、龍雲丸とのギャップが激しく、役者ってやっぱりすごいと思ったわ。



このほかにも印象的なキャラが多く、5人選ぶのが大変だった。

異様な目力ですべてを圧倒する織田信長(市川海老蔵)や、若い破壊力にあふれた万千代(菅田将暉)は、エキセントリックな迫力がすごかった。

戦闘力の高い坊主・傑山(市原隼人)、情報エキスパートの山伏・常慶(和田正人)、クールな頭脳で家康を守る榊原康政(尾美としのり)は、きらりと光る能力の持ち主で信頼度抜群だった。

酒と猫を愛する信念の僧侶・南渓和尚(小林薫)、気弱でお人よしの六左(田中美央)、怪しさ全開のC調商人・中村屋(本田博太郎)は、死と隣り合わせの展開でも、こちらの頬を緩ませてくれた。

振り返ってみると、男ばっかりだね。

優秀な男たちが支えずにはいられないほど、直虎という異色の主人公は素敵だったということかな。



明るいタッチのラストだったけど、終わってしまうと心に寒風が吹きぬけた。

これって、直虎ロス?

でも、今度の「西郷どん」も結構楽しみなのよね。

来年も、リアルタイムで大河を観ることにしようっと。


おんな城主 直虎 完全版 第壱集 [Blu-ray]
おんな城主 直虎 完全版 第壱集 [Blu-ray]柴咲コウ,三浦春馬,高橋一生,杉本哲太,財前直見,渡辺一貴,福井充広,藤並英樹

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング