マンションに居を構える者が、上下左右の住人に配慮して、静かに暮らすのは当然の義務。

音や振動がうるさい洗濯は日中に行うものであり、夜の時間帯にするなんて言語道断!

ひとり暮らしを始めて30年、ずっとそう思って生きてきた。



【スポンサード リンク】


2017120701


今のマンションに引っ越してからも、洗濯は日中に済ませていた。

しかし、30年間続けてきたこの習慣、実はもう1年も前にやめている。

今、洗濯を行っているのは、深夜だ。



去年の暮れのある朝、目が覚めてトイレに行くと、洗濯機置き場の天井から水が滴っていた。

びっくりした私は、同じマンション内に居住している管理人に連絡。

早朝にも関わらず、おっとり刀で駆けつけた管理人は、現状を確認後すぐに上階へ向かってくれた。

引っ越してきたばかりの上階の住人が、初めて洗濯機をまわしたところ、水道管がイカれていて水漏れしたらしい。

天井紙の貼り替えなど、さまざまな折衝はすべて管理人がしてくれたので、この事故自体は問題なく解決した。


しかし、私が疑問に思ったのは、水漏れが起きた時間帯だ。

前夜、就寝前にトイレに行ったとき、異常はなかった。

つまり、水漏れは深夜に発生したのだ。

それって、夜中に洗濯機を使っていたということ?

水漏れ事故も問題だけど、そんな時間に洗濯をすること自体、非常識な行動だ。

そう思った私は、その思いをそのまま管理人にぶつけたのだが、返ってきたのは意外な回答だった。

「うちも洗濯は夜中にやってるよ」


オール電化のマンションなので、夜間の方が電気代はオトク。

しかもこのマンションは、洗濯機置き場が生活部屋から離れているので、階下に響いてうるさいという話は出ないらしい。

実際、同じ家の中でさえ、洗濯機の音や振動はほとんど届かない。

だから、夜に洗濯しても問題はないし、その方が電気代が節約できる、と言うのだ。

それを聞いた私は、すぐにそれまでの方針を180度転換。

「夜間洗濯者」としてのデビューを果たしたのである。



洗濯から乾燥まで行う場合は、寝る前に洗濯機を回し始める。

朝起きると、全部終了しているという寸法だ。

乾燥はせずに部屋干しする場合は、朝起きてから洗濯をスタート。

すると、夜間電力が終わる朝7時までには、脱水作業が完了しているのだ。


夜洗濯のおかげで、この1年間の昼間の電力使用量は、確実に節約できている。

節約セミリタイアを標榜している者として、「洗濯は夜にしかしません!」と高らかに宣言し、少しでも電気代を抑えていく所存です。

ご清聴ありがとうございました。


NHKまる得マガジンMOOK お気に入りを長く着る 衣類のお手入れ 洗濯・しみ抜き・つくろい・しまい方 (生活実用シリーズ)
NHKまる得マガジンMOOK お気に入りを長く着る 衣類のお手入れ 洗濯・しみ抜き・つくろい・しまい方 (生活実用シリーズ)中村 安秀,森 恵美子,森 恵美子 中村 安秀

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング