現在、札幌市内のあちこちで、「札幌国際芸術祭2017」が開催されている。

アートなセンスは皆無の私だが、昨日は関連イベントに行ってきた。

是枝裕和監督が参加する、狸小路TV 上映&トーク~TV映像から再発見する<札幌>だ。



【スポンサード リンク】


【是枝監督関連記事】

是枝監督が参加するイベントに出向くのは、これで三回目。

「三度目の殺人」ならぬ、「三度目の再会」だ。

今回は、1970年代に放送されたHBC制作のドラマを多数手がけた、元HBC社長の長沼修氏がメインのゲストで、監督はその対談相手という位置づけ。

札幌を舞台にした名作ドラマを一緒に観て、当時の裏話などを聴く、というスタイルだった。


第1部 「風船のあがる時」上映~対談


2017091801
(TBSチャンネルホームページより)

上映ドラマ1本目は、長沼氏の上司だった故守分寿男ディレクターと倉本聰が、初めてタッグを組んだ「風船のあがる時」

札幌オリンピックの式典スタッフを主人公に据えたこのドラマ、私は昨年10月に観ていたのだが、また堪能させてもらった。

オリンピック開会式の4日前にオンエアーされたらしく、リアルタイムでこんなドラマを作ってしまう当時のHBCドラマのすごさに、あらためて圧倒されてしまった。


上映後は、長沼氏と是枝監督の対談。

2017091802

撮影と同時に映すカメラを切り替えていく「スイッチング」という手法に、是枝監督は感心していた。

あれをやるために必要な指パッチンが、監督にはできないみたい。

なんか、かわいいと思ったわ。


第2部 「聖夜」「バースディ・カード」上映~対談


2017091803
(TBSチャンネルホームページより)

上映ドラマ2本目は、長沼氏が29歳のときに初めて撮った「聖夜」

クリーニング店に住み込みで働く主人公は、クリスマスイブを彼女と過ごそうとするも、ハプニング続出で事態はとんでもない方向へと転がっていく。

小倉一郎の若さゆえのバカさ加減にあきれてしまうも、当時20歳の仁科明子(今は亜希子)の反則的なかわいさにノックアウトされるという、なんとも不思議な魅力にあふれたお話だった。


上映ドラマ3本目は、市川森一の脚本を長沼氏が演出した「バースディ・カード」

孤独な青年が、一目ぼれした少女を追いかけ続ける変調純愛ドラマで、水谷豊演じる主人公は、どう見てもストーカー以外の何ものでもない。

しかし、それもやむなしと思えるのは、当時まだ女子高生だった少女役の池上季実子が、この世のものとは思えないほど麗しいから。

すっぴん制服姿も、ケバケバホステス姿も、おちぶれ定食屋おかみ姿も、どれも美しすぎるのだ。

クライマックスからラストにかけて、びっくりの展開だったけど、それよりも何よりもやっぱり池上季実子だわ。


上映後は、ふたたびの対談。

「聖夜」では、プロデューサーにまわった守分親分のもと、倉本聰の作品を演出するということで、想像を絶するプレッシャーだったようだ。

途中、ただただ白い画面が30秒続く場面があり、是枝監督が「長くないですか?」と質問していた。

放映時もスタッフが「放送事故だ!」と騒いだようだが、「大先生の脚本がそうなんだから仕方ないよね」と言っていて、会場を笑わせていた。


第3部 フリーディスカッション「TVはどうなる?」


最後は、北海道ローカル各局の責任者が集まってのフリーディスカッション。

2017091804

北海道発のドラマなんて、NHKが数年に一本作るか作らないか。

それが、今の実情だ。

民放もがんばってほしいと思ったのだが、環境は相当きびしいみたい。

予算の問題、ネットの躍進、若者のテレビ離れと、各局のテレビメンは苦境を吐露していた。

もう、40年前のような黄金時代はやってこないのね。

さびしい限りだわ。



というわけで、過去のノスタルジーに浸り、明るい未来を感じることができないまま、イベントは終わってしまった。

テレビって、やっぱオワコンなのかな。

壇上の業界人たちには、そうじゃないってところを、ぜひ具体的に見せてほしいものです。

いちドラマ好きからのお願いでした。


テレビの黄金時代 (文春文庫)
テレビの黄金時代 (文春文庫)小林 信彦

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング