先日、初対面の方数人と話す機会があった。

そこで必ず向けられる質問は、「お仕事は何ですか?」

セミリタイアしてもうすぐ丸3年になるが、いまだにどう答えるのがベストなのか、わからないままだ。



【スポンサード リンク】


2017091101


この問題については、これまでも何度か記事にしてきた。


【関連記事】

この質問をされる都度、「マンション経営」とか、「人生を充実させる活動」とか、開き直って「無職」とか、バラエティに富んだ回答を返してきた。

そして先日、また違う答えをしてみたのだ。

それは…

「自営です」


一応、なんちゃって大家さんとしての収入はあるし、アンケートなどに対してはこれで通しているので、特に問題はないはず。

そう思って、直接たずねられた際、堂々とこう答えたのだ。

それ以上詳しいことは訊かれないでしょ、たぶん。



しかし、実際はそうではなかった。

この回答は、先方の想像力や質問意欲をかきたててしまうものだったらしく、さらなる疑問を喚起してしまったのだ。


疑問その1 「従業員の方は大丈夫なんですか?」


どうやら、人を雇ってなんらかの仕事をしていると思われたらしく、平日の昼日中に彼らを放っていても大丈夫なのか?という意味だった。

明らかな誤解なので、「いや、ひとりでやっている仕事だから大丈夫なんです」と答えると、「ああそうですか」という感じに落ち着いた。

そうか、一般的な自営って、そういうイメージなのね。


疑問その2 「社長なんですか?」


これは、「その1」とはまた別の人なのだが、【自営=会社経営者】と思われてしまったようだ。

明らかな誤解なので、「いやいや、社長じゃないですよ」と、ちゃんと否定しておいた。

でも、一瞬でも社長だと勘違いされたのは、悪い気がしなかったなあ。


疑問その3 「株とかで稼いでいるんですか?」


これは、「その2」の質問で社長業を否定したところ、相手から出てきたセリフ。

誤解を受けたけどそのままにした件」と同じパターンだ。

「株じゃないんですけど…」と言ってはみたものの、株も不動産も投資というくくりでは一緒なので、語尾はゴニョゴニョ尻すぼみになってしまった。

まあ、その程度の誤解は、特に気にすることではないかな。



ここまで読んで、「なんで『大家さんです』って言わないの?」と思った人もいるかもしれない。

実は以前、違う場面で、そう答えたことはある。

その時の相手は、「じゃあ何もしなくてもお金が入ってくるんだ。うらやましー!」と、私をまるで不動産王のように持ち上げたのだ。

それは、純粋な羨望ではない。

「仕事もしないで楽して金をもうけて…このボンボンが」というニュアンスが、若干とはいえ、間違いなく含まれていた。

向こうの勝手な勘違いなんだけど、仕事もしないで日々好きなことばかりしているのは事実。

訂正するにも力がいるので、あえてそのままにしておいた。

だから、自分の収入源を赤裸々に明かすことには、二の足を踏んでしまうのだ。



でも、「自営です」だけでは言葉足らずで、すぐに二の矢三の矢が飛んでくることは、今回実践してみてはっきりわかった。

もしまた訊かれることがあったら、こう答えることにしよう。

細々やっているしがない自営です。

これならショボさ満載で、それ以上の質問はためらわれることだろう。


マンガ 自営業の老後
マンガ 自営業の老後上田惣子

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング