先月23日の夜に感じた、左後頭部のわずかな痛み。

それはすぐに激痛となり、その後しばらく私を苦しめた。

あれから1ヶ月がたった。



【スポンサード リンク】


2017072501


【あの痛みの関連記事】

最後の記事を書いた、発生後2週間経過時点でも、まだ痛みどめの薬を飲まずには生活できなかった。

その数日後に、やっと薬断ちできたのだが、痛みがなくなったわけではない。

首筋のこわばりやヒリヒリ感はずっと消えず、軽く振り向こうとするだけで、ビリッとした痛みが走る状態が続いたのだ。


痛みは徐々にやわらいでいったものの、その歩みは驚くほどスローリー。

あれから1ヶ月たった現在、痛くはなくなったのだが、まだ肩こりのような違和感がずっしりと残っている。



この痛みは持病なので、今まで何度も経験してきた。

しかし、こんなにひどくて、こんなに長引いたのは初めてだ。

やっと普通の生活に戻れたものの、またいつ襲われるかと思うと、気が気ではない。

ただ、今の私には、今回入手した座薬というアイテムがある。

もしまたヤツに襲われたときは、このスーパーウェポンを冷蔵庫から取り出して、あわてず騒がずインするつもり。

この病いについて、納得の行く診断をしてくれる病院はなさそうなので、自分の身は自分で守るしかないのだ。



ところで、頼りのこの座薬、使用期限ってあるんだろうか?

ネットで調べてみたら、1年だったり、2年だったり、3年だったり、4年だったり、まちまちだ。

でも、冷蔵だし、しっかり密封されているし、結構長持ちするんじゃないかしら。

そうなった時に実際に使ってみて、その効果を確認するのが一番かな。


片頭痛の自己注射と同様、対処法がちゃんとあれば、あせる必要も痛みに耐える必要もない。

まさに、備えあれば憂いなし、だ。

「これでまたひとまわり強くなった」と、思うことにしようっと。


いちばんやさしい 痛みの治療がわかる本
いちばんやさしい 痛みの治療がわかる本伊藤 和憲

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

人気ブログランキング