今日は、退職金プランに関するシリーズ記事の最新版。

今回は、5回目の「退職金お引越し大作戦」だ。



【スポンサード リンク】


2016072201


【過去の退職金関連記事】
1年前の夏に退職金を任せたのは、東京スター銀行の「退職金専用 スターワン円定期預金」。

退職して1年半になろうとしていた頃で、選択肢はきわめて限られていた。

退職後の期間条件のないスルガ銀行が第一候補だったのだが、まさかの金利ダウンにより魅力は著しく低下。

そこで、代わりに目をつけたのが、東京スターだった。

ここの退職金プランが、退職後3年以内まで利用可能だったのが決定打となった。

預入期間は1年間で、年利0.5%(税引き後0.398%)という金利は、それまでの退職金プランよりもかなり見劣りする。

でも、ほかにもう選択肢はなかった。



あれから1年。

また、退職金お引越しの季節がやってきた。

いろいろ調べてみたが、0.5%の金利が輝いて見えるくらい、いいプランが見当たらない。

憎むべきはマイナス金利政策なのだが、いくらブログで毒を吐いても、状況は一向に変わらない。

うーん、どこにしようか?


そこで復活したのが、昨夏の第一候補だったスルガ銀行

退職してから2年半ともなると、もうここしかなかったのよね。

ドリームライフ定期『退職金プラン』」は、スーパー定期に上乗せする金利が6ヶ月ものだと0.35%と、昨年から変わっていない。

これまでの0.5%よりも下がるのはイヤだけど、仕方がない。

よし、スルガに口座を開こう。



まず東京スター銀行に、満期受取と口座解約の連絡を入れることにした。

電話に出たのは、昨年と同じ担当者。


担当者(以下、担):1年間ありがとうございました。ところでこちらの資金は、またどちらかで運用されるのですか?

私:ええ、そのつもりです。

担:いいプランがありましたか?

私:いやー、それがなかなかないんですよねー。

担:今ご利用のプランでしたら、同じ金利でまた1年間継続できますよ。

私:…えっ?



なんと、「退職金専用 スターワン円定期預金」は、退職後3年以内なら更新が可能だというのだ。

ほかの銀行だと、「利用は1回限り」とか、「新規の資金のみ対象」などのしばりがあるので、東京スターもそうだと思い込んでいた。

そうか、そういうところもあるのか。

このプランの今年の金利は、昨年と変わらず0.5%(税引き後0.398%)のまま。

決して高いとは言えないが、それでもスルガに預けるよりはいい。

口座解約は撤回し、東京スターで継続することに決めたのだった。



というわけで、また1年間の預け先が決まった私の退職金。

来年の夏には、退職後3年を超えているので、もう東京スターに頼ることはできない。

また悩むことになるんだろうなあ。

でも、とりあえず1年の間、運用先を考えなくて済むのはとてもありがたい。

来年は、いい預け先が出てくるといいんだけどな。


預金封鎖に備えよ マイナス金利の先にある危機
預金封鎖に備えよ マイナス金利の先にある危機小黒一正

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓こちらをポチっと押してみそ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング