先週行った札幌の魅力はなんですか?アンケートでは、56名の方に回答を寄せていただいた。

今日は、その方々の属性データを分析してわかったことを、記事にしてみたい。



【スポンサード リンク】


2017052301


このアンケートでは、回答者の年齢・性別・地域についても、任意でお答えいただいた。

その結果、8割以上の方が協力してくれたようだ。

あらためて感謝申し上げたい。


それでは、それらをひとつずつ見ていこう。


年齢


順位年代人数%
140代21名44.68%
250代15名31.91%
330代7名14.89%
460歳以上4名8.51%
無回答9名

札幌の魅力を問うアンケートではあるけれど、年齢の分布を調べれば、セミリタイアやアーリーリタイアに興味がある年代も、浮かび上がってくるはず。

一番多かったのが半分近くを占める40代で、次は約3割の50代だ。

やはり、このあたりの年代が、こういうことを考える中心世代なのだろう。


一方、30代60歳以上がそれに続いているが、やはり少なめ。

30代だと、セミリタイアを意識する人も少なければ、実際に行動に移す人はさらに少ない。

逆に60代は、もうすでに普通のリタイア年代なので、セミもアーリーも関係ないのかもしれない。


また、20代の回答者がいなかったのは、当然の結果か。

新入社員の早期リタイア希望率13.7%は高いか低いか」という記事では、案外多いなあと感じたけど、その若者たちはまだ移住先のことまで考えたりはしないのだろう。

私の零細ブログなど、存在も知らないだろうし。


というわけで、年齢分布については想定どおりだった。

これからも、同年代をメインターゲットに、幅広い年代に受けるようなセミリタイアネタを提供していきたい。



性別


順位性別人数%
1男性32名66.67%
2女性16名33.33%
無回答8名

男性が3分の2、女性が3分の1という割合だった。

これは、このブログの読者層を表しているのかな?

もっと女性に人気があるものと思っていたが、ただの錯覚だったみたい。

このブログは、おじさんたちの力によって支えられているようだ。

ありがとう、日本の中高年たち! がんばれ、日本のオヤジたち!


今後は甘いものネタなんかを増やして、女子の人気もガツガツ獲りに行く所存です。

めざせ、スイーツ男子!



地域


順位地域人数%
1北海道22名47.83%
2東京9名19.57%
3千葉4名8.70%
4愛知3名6.52%
4神奈川3名6.52%
6大阪2名4.35%
7群馬1名2.17%
7石川1名2.17%
7岡山1名2.17%
無回答10名

札幌の魅力ということで、北海道からの回答が半数近くを占めた。

でも、もっと圧倒的な割合になると思っていたので、意外に少なかったなあというのが本音だ。

それだけ、内地の人の関心が高いテーマでもあるのかも。


明らかなのは、東高西低ということ。

関西以西からの回答は、大阪岡山しかなく、2府県合わせても10%未満だ。

愛知を含んでも、その倍になるだけ。

西日本から見たら、札幌はやはり縁遠い場所なのだろう。

私自身、四国・九州・沖縄に一度も足を踏み入れたことのない人間なので、それと同じ感覚なのかな。

西日本のみなさん、ぜひ札幌に遊びに来てみて!

私も遊びに行きますから!(誰に言っているのやら)


また、東北地方からの回答がゼロだったのも興味深い。

こちらは逆に近すぎるし、生活環境も似通っていて、関心が薄いのかな。

北へ行くのね ここも北なのに(「潮騒のメモリー」より)

というあまちゃんな人は、あまりいないようだ。

北海道新幹線も通ったので、ぜひ足を伸ばして遊びにきてほしい。

私も遊びに行きますから!(だから誰に言ってんの?)



以上が、回答者データの分析結果だ。

分母が多くない中での分析なので、かなり強引な部分が多いことは認めよう。

でも、私の思いつきの行動に、これだけの人が協力してくれたことは、素直にうれしい。

ブログを続けていく励みにもなりました。

56名の回答者のみなさん、本当にありがとうございました。


「県民性」がわかる!おもしろ歴史雑学―――日本全国「お国柄」の謎と不思議 (知的生きかた文庫)
「県民性」がわかる!おもしろ歴史雑学―――日本全国「お国柄」の謎と不思議 (知的生きかた文庫)三浦竜&日本史倶楽部

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング