痴漢と疑われて、線路に逃げ出し、電車にひかれて死ぬという事故が、首都圏を中心に多発している。

「それでもボクはやってない」の例を挙げるまでもなく、「逮捕されたら人生詰み」という認識が浸透しているせいだろう。

かと言って、死んでしまっては元も子もないと思うのだが。



【スポンサード リンク】


2017052101


私の6年半にわたる通勤地獄については、「通勤はまさに“地獄”だった」という記事で書いた。

その間、もちろん痴漢をしたことはないし、疑われないように気をつけてもいた。

しかしまだ当時は、今ほどこの問題がクローズアップされておらず、女性専用車両なるものも存在していなかった。

だから実は、見たことがないのよね、女性だけの車両ってやつ。



セミリタイアして満員電車とは無縁になったので、痴漢と間違われるような事態は、万が一にも起こらないだろう。

しかし、松たか子が歌っているように、人生は上り坂と下り坂とまさかでできているもの。

自分が誤認逮捕されるような、まさかの状況を想定したとしても、考えるのはタダなので損はないはず。

これはもはや、男の人生における大きなリスクのひとつだからね。



対策としてはまず、そういう電車に乗らないのが一番だ。

そもそも私は、札幌勤務時代も徒歩か自転車で出勤していたので、地下鉄の通勤ラッシュの実態を知らない。

いくらなんでも、首都圏の総武線や東西線レベルの地獄絵図はないだろう。

それでも、平成20年から「女性と子どもの安心車両」なんてものが導入されているぐらいだから、それなりに混んではいるのかな。

魔の通勤時間帯には地下鉄に乗らないよう、心がけたい。


しかし、どうしてもその時間帯に乗らなければいけない場合、そして濡れ衣を着せられて、誤認逮捕されそうになった場合、一体どうすればいいのか。

線路に逃げ出したところで、さらなる不幸しか待っていないことは、ここ最近の事例が証明している。

札幌の地下鉄は、全駅に可動式ホーム策が設置されているので、そもそも線路に入ることは不可能なんだけど。

そもそも逃げるというのが間違いで、結局は捕まってしまって立場を悪くするのがオチみたい。

その場から逃げず、しかも逮捕されるという事態を避ける方法は?


ネットで調べてみると、こちらのサイトがよくまとまっていた。

痴漢→逃げる!は間違いだった!!痴漢の疑いを晴らす5つのポイント
  1. 痴漢をしていないと明確に告げる
  2. 録音する
  3. 絶対にその場(駅のホーム等)から移動しない
  4. (可能であれば)目立つ
  5. 相手の言い分を固める
    ※連行されたあとは手を洗う前に「繊維片」を採取してもらう
(Nice Legal)

気をつけなきゃいけないことが山ほどあって、気が遠くなってしまいそう。

でも、人生がかかっているんだから、そんなことは言ってられないわね。



そして、これでも埒があかない場合は、もう弁護士を呼ぶしかない。

強大な国家権力に、たったひとりで対抗するくらい、心細いことはないからね。

しかし、呼べば飛んできてくれる知り合いの弁護士なんて、私には存在しない。

そんなときは、当番弁護士というものを頼るしかないようだ。

当番弁護士って何?
あなたや捕まった人の求めに応じて、札幌弁護士会で当番として待機している弁護士が1度、無料で、逮捕されている人のもとに駆けつけ、お話を聞いて、説明をする制度です。

当番弁護士を頼むには
警察に逮捕された時は、すぐにでも弁護士に相談にのってもらいましょう。「弁護士に知り合いがいない…」、「どのようにして弁護士に頼めばよいのか…」そのような不安を抱く人が多いのではないでしょうか。下記の連絡先にご連絡いただき、当番弁護士制度をご利用ください。

連絡先
011-272-1010
(※011は札幌の市外局番)

申込みに必要な内容
  1. 申込者(電話をしている人)の氏名・電話番号(連絡が取れる番号)
  2. 逮捕されている人の氏名(漢字)・性別・生年月日
  3. 逮捕されている場所
  4. 分かれば逮捕された日時・罪名
  5. 申込者と逮捕されている人の関係
札幌弁護士会ホームページより)

あとは、弁護士と相談して、闘っていくしかないのだろう。

しかし、弁護士を呼んだとしても、それで冤罪が晴らされるとは限らない。

いくら「正義は勝つ」といっても、「それでもボクはやってない」の方が現実なのだ。

これだけ社会問題になっているんだから、男女で車両を完全に分けるとか、監視カメラで死角をなくすとかすればいいのだが、そういう動きも見えない。

となるとやっぱり、「君子危うきに近寄らず」しかないなあ。

混んでる車両には、何があっても乗らない。

これができるのもセミリタイアの特権のひとつと思えば、そうするのがベストかな。


それでもボクはやってない
それでもボクはやってない加瀬亮,瀬戸朝香,山本耕史,もたいまさこ,役所広司,周防正行

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング