(「4月のライオンづくし PART1」からの続き)

4月はなぜかライオンがマイブーム。

今日は、PART1の「ライオン・キング」と「3月のライオン」以外のライオンについて書きたい。(ネタバレはありません)



【スポンサード リンク】


2017050201


LION ライオン 25年目のただいま


今年のアカデミー賞で、作品賞を含む6部門にノミネートされた、実話に基づく感動の人間ドラマ。

5歳で家族と離ればなれになり、オーストラリアで成長したインドの青年、サルーが本作の主人公だ。

彼は故郷の場所はおろか、地名さえもうろ覚えで、帰りたくても帰れないまま21世紀を迎える。

そんな彼が駆使した文明の利器、それはGoogle earth

タイトルに「ただいま」が入っているし、世界中に報道された実話なのでネタバレにはならないと思うが、クライマックスは当然、念願の帰郷だ。

わかってはいたことだが、あの場面で涙をこらえることは不可能。

再会を果たしたサルーに「よかったね」と思う以上に、彼を待っていた人の25年分の想いがドッと押し寄せてきて圧倒されてしまった。

「ラ・ラ・ランド」も「ムーンライト」もよかったけど、私なら作品賞はこれ一択だわ。


サルー役のデヴ・パーテルと、彼の養母に扮したニコール・キッドマンは、複雑な思いを表情だけで表していて、出色の演技。

そして彼らと同じぐらい素晴らしかったのは、ちっちゃいサルーを演じたインドの少年、サニー・パワールくん。

彼こそまさに、天才子役ってやつだ。


タイトルのライオンについては、実際に映画を観て、その意味を知ってほしい。

頭の中の霧が晴れるとは、まさにこの映画のことだ。



ライオン映画いろいろ


ライオンづいてきたので、勢いにまかせて、ライオンな映画を2本観た。


1本目は、1975年のアメリカ映画、「風とライオン」

20世紀初頭のモロッコを舞台に、ショーン・コネリー演じるリフ族の首長ライズリと、第26代アメリカ合衆国大統領ルーズベルトの駆け引きを描いた、一大スペクタクルだ。

アメリカ人親子を誘拐したりして、ライズリただの悪党かと思いきや、意外にも筋の通ったナイスガイ。

コネリーが演じているからかもしれないが、囚われの身のキャンディス・バーゲンも、いつしか彼に惹きつけられていく。

人も馬も大量に投入してのアクションシーンは迫力があって、さすがジョン・ミリアス監督、いい仕事するわ。

ジェリー・ゴールドスミスのスコアも壮大華麗で、巨匠の仕事にハズレはないね。


100年以上前のイスラム世界は、テロリストが跋扈する今の中東と比較すると、共通点があるようで、でも決定的にどこかが違っていて、なかなか興味深かった。

そして、タイトルの「風とライオン」の意味は、ちょっと哲学的。

哲学的すぎて、あんまりピンとこなかったかも。



2本目は、1968年のイギリス映画、「冬のライオン」

この年の賞レースの台風の目となった、名作中の名作だ。

12世紀末のイングランドを舞台に、国王ヘンリー二世、王妃エレノア、三人の息子、ヘンリーの愛人、フランス国王が集まって、次の国王の座をめぐる駆け引きが繰り広げられる。

竹中直人の「笑いながら怒る人」を彷彿とさせるぐらい、登場人物全員の表情と発言と真意が全然違っていて、呆気にとられまくる。

そのまま受け取っていいのは、ヘンリーに振り回される愛人のアリースと、ただただバカすぎる三男ジョンだけなんだもの。

自分の野望や欲望を実現したい人々の、だましあいにつぐだましあいの135分は、本当に面白かった。

ピーター・オトゥールやキャサリン・ヘップバーンの、名優にふさわしい重厚な演技にも圧倒された。

息子たちの中では、冷静沈着な策士の二男ジェフリーが、ずるがしこいんだけど一番好感が持てたかな。

いつも口が半開きのジョンについては、「よくあんなバカ面俳優を見つけてきた」と、キャスティング担当をほめてあげたくなった。


なお、劇中では一度もライオンという言葉は出てこなかった。

調べてみると、イングランド王の紋章にはじめてライオンを採用したのが、このヘンリー二世らしい。

人生の終局が近づき、家族もみんな冷たくて、まさに「冬のライオン」って感じだった。



瀕死のライオン


ここまで来たら、映画やアニメ以外にもライオンはいないかしら…と家の中を探してみたら、ありましたよ本棚に。

「宣戦布告」や「外事警察」が有名な麻生幾が、2006年に発表したエスピオナージュ小説だ。

まだ読み始めたばかりで、これから本題に入っていくところなのだが、北朝鮮が日本に対して何やら企んでいるという話なので、あまりのタイムリーさに驚くばかり。

そんなお話を10年以上に前に書いていたのだから、麻生さんすごいわ。

実際には起こらないことを祈りながら、読み進めるとしよう。



記事の最後は、円山動物園リッキーに締めてもらうことにした。


なんとりりしいお姿でしょう。

今度、実物を拝みに行ってみようっと。


さっぽろ円山動物園ガイドブック
さっぽろ円山動物園ガイドブック野谷 悦子,岸本 日出雄,円山動物園=,札幌市円山動物園

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング