先日鑑賞した、劇団四季の「ライオンキング」。

これを皮切りに、ライオンにからんだ娯楽が、最近なぜか続いている。

そこで、この4月のライオンづくしをテーマに、記事を書くことにした。(ネタバレはありません)



【スポンサード リンク】


2017043001


ライオン・キング


ライオンキング」を観る前に自宅で鑑賞したのが、ライオンとキングの間に「・」が入る、ディズニーアニメの名作「ライオン・キング」

あれを復習鑑賞しておいたおかげで、キャラクターの名前も頭に入っていたし、名曲の数々も思い出すことができた。


ミュージカル鑑賞後も、あのステージの興奮はおさまらない。

YouTubeで動画を見まくって、それでも飽き足らず手を伸ばしたのが、「ライオン・キング」の続編だ。

ひかりTVで録画してあったので、この機会に観ることにした。


最初は、映画の4年後にビデオ作品として製作された、「ライオン・キング2 シンバズ・プライド」

前作の数年後が舞台で、シンバとナラのひとり娘キアラが主人公。

子ども時代のシンバに負けず劣らずのきかん坊に育ったキアラは、親の言いつけに背いてアウトランドに侵入し、亡きスカーの跡取り、コブと出会う。

スカーの妻ジラによって、シンバへの憎しみを植えつけられたコブが、キアラと恋に落ちちゃってさあ大変、というストーリーだ。

男としては、凶悪顔だけど根はやさしいコブよりも、娘に甘く心配ばかりさせられるシンバの方に共感してしまい、すっかり親目線だ。

ティモンやプンバァ、ザスーやラフィキなど、名脇役も総出演して、80分間楽しませてもらいました。


続けて観たのは、2004年に製作されたビデオ作品、「ライオン・キング3 ハクナ・マタタ」

こちらの主役は、タイトルからわかるとおり、ティモンとプンバァの凸凹コンビ。

1作目のストーリーを2匹の目線で描き直すという、まるで「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のようなトリッキーさに驚かされた。

2匹の出会いから、1作目のクライマックスでの活躍まで、ちゃんとワクワクできるようになっているのがすごいわ。

一見何も考えていないように見えるプンバァが、実は爪を隠した能ある哲人(哲豚?)であることも判明し、すっかりファンになってしまった。


どうせビデオ映画、とあなどるなかれ。

1作目のボイスキャストが全員再集結しており、画も音楽も一切手抜きなし。

さすが、くさってもディズニーだわ。



3月のライオン


プロ将棋の世界を描いた人気コミックで、映画版の前編が3月に公開され、私も試写会で鑑賞した。

将棋をやったことがなく、映画も軽い気持ちで観たのだが、思いのほか面白かった。

そこで、4月22日の後編公開の前に、去年の秋から半年間NHKで放送されたアニメを観ておくことにした。


3月のライオン 前編」とほぼ同じ範囲を描いているが、アニメの方は全部で22話もあり、2時間ちょっとの映画とは掘り下げ具合が違う。

特に、主人公の零を気にかけてくれる川本三姉妹のシーンは、映画以上に温かい。

美しいあかりさん、妹みたいなひなちゃん、愛くるしいモモちゃんを見たら、あんな一家に入り浸りたいと、男ならだれでも思うはず。

染谷将太が特殊メイクで演じていた二海堂は、映画だと若干うざい感じもしたんだけど、アニメではもっと熱くもっと純粋で、共感せざるをえないいい若者だった。

その他の登場人物も、アニメを観て、映画のキャスティングはほぼ完ぺきだったことに気づかされた。

映画と同様、アニメも途中で終わっており、今流れている再放送の後、第2シリーズが始まるらしい。

半年後が楽しみだわ。


そして先週、ユナイテッドシネマ札幌で、「3月のライオン 後編」を観てきた。

前編でたっぷり挫折を味わった零は、新たな気持ちで獅子王戦に臨み、勝ち進んでいく。

後編でも、零の成長に影響を与えるのが、川本家だ。

ひなちゃんがいじめに遭ったり、三姉妹のダメ父が戻ってきたりして、観ているこっちもきりきり舞いしてしまう。

クライマックスと、そのあとに続くラストシーンは、将棋の知識がない私でも熱くなった。

2部作の映画って、前編は盛り上がるけど後編で尻すぼみになってしまったり、1本で十分だったりするものがほとんど。

でも、本作は違うね。

こんな中年でも、大人の戦場で孤独に戦う若き獅子に、すっかり心酔してしまった。

エンドロールで、主題歌「春の歌」が心にしみこんでいくのに任せながら、じんわりと余韻を味わいました。


こちらは、劇場で配布されていた、原作者のイラスト入りカード。

2017043002


ちょうどタイミングよく、中学生の藤井四段が、非公式戦ながら羽生三冠を破ったりして、すでに現実はフィクションを凌いでいる。

今後、零が宗谷冬司に勝つような展開が出てきても、もう驚かないかも。

すごい若者が現れたものだ。

彼こそ、新時代のライオンなのだろう。



記事が長くなってしまったけど、4月のライオンづくしはまだまだ終わらない。

PART2の記事は、明後日5月2日にアップする予定です。


→→→「4月のライオンづくし PART2」へ続く。


ライオン・キング トリロジー MovieNEX (期間限定) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ライオン・キング トリロジー MovieNEX (期間限定) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]ディズニー

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング