昨日の記事で書いたとおり、「2017冬季アジア札幌大会」の開会式に行ってきた。

札幌ドームは、去年のファイターズ戦以来、2回目だ。



【スポンサード リンク】


2017sawglogo

開会式スタートは16時だったが、開場は13時。

みんな、いい席を確保するために、早くに会場入りすることが予想される。

でも私はボランティア枠なので、そこまで張りきらなくてもいいはずだと思い、15時ごろに行ってみた。

案の定、一般用の入り口には長蛇の列ができていたが、指定された関係者用の入場口は、さほど並ばずに入ることができた。

関係者って、なんかいいね。


スナックとドリンクを買い込み、二重の入場チェックを受けて、いざ席へ。

そこは、ステージほぼ正面の好位置だった。

2017022001

ザンギを食べながら開会を待っていると、皇太子さまが入られるというアナウンスが。

ふと右側を見ると、ちょっと離れたところに来賓席があり、そこに皇太子さまがいらっしゃるのが見えた。

天皇陛下が車で通りすぎるお姿を拝したことはあったけど、皇太子さまは初めてだ。

なんかありがたいわー。


第1部 セレモニー


陸上自衛隊の音楽隊によるファンファーレの後、壇上に日本国旗が掲揚された。

そして、全員起立しての国歌演奏。

みんな声を出して歌うものかと思ったらそうでもなく、私も口ずさむ程度にとどめた。


いよいよ、選手入場だ。

最初に入場した真っ赤なユニフォームの中国に続いて、32の参加国の選手たちが続く。

最後に登場したのはもちろん日本で、ひときわ大きな拍手が起こっていた。


秋元市長(組織委員会会長)とOCA(アジアオリンピック評議会)会長のスピーチのあと、皇太子さまの開会宣言があった。

そして、日本の主将であるカーリングの本橋麻里選手による選手宣誓が行われた。

おっとりしたしゃべり方で、全然宣誓っぽくなかったけど、そこがまたマリリンらしくてよかった。


第1部の最後は、すでに競技の終わったスノボ大回転の表彰式。

最初の表彰台で金メダルを手にしたのは、女子の家根谷依里選手で、会場も「これは幸先がいい」感に包まれた。

表彰式最初の国歌が「君が代」ってのも、日本人として誇らしい。

ちなみに男子では、神野慎之助選手が銅メダルを獲得していた。


第2部 ウェルカムパフォーマンス


第2部は、北海道の魅力を披露するパフォーマンスコーナー。

アイヌ伝統の儀式と古式舞踏、平岸天神によるYOSAKOIソーラン、300人の若者たちによるダンスパフォーマンスが繰り広げられた。

最後は、今月6日に市内を駆けめぐった聖火が登場。

壇上聖火台への点灯役は、長野五輪の金メダリスト原田雅彦さんだった。

あの時、どれだけの観客が「舟木~」と口走っただろうか。(私は口走った)

聖火は無事点灯され、第2部も無事終了した。


第3部 スペシャルライブ


昨日は、このために札幌ドームへ行ったと言っても過言ではない。

第3部は、大会のイメージソング「WINTER SONG ~DANCING SNOWFLAKES VERSION~」を歌う、ドリカムのミニライブだ。



「うれしい!たのしい!大好き!」に始まり、「WINTER SONG」で終わる全8曲は、まさに至福の時。

なんと言っても、あの名曲「何度でも」を生で聴けたのは、本当にうれしい。

あのイントロが聞こえてくるだけで涙が出そうになるくらい、個人的な思い入れがある曲なのだ。


約40分、圧巻のステージを堪能させてもらった。

(ライブの曲目は「M-ON! MUSIC」の記事でどうぞ)



全部で3時間の開会式は、大盛り上がりで終わった。

札幌ウィンターベイビーズになれて、おじさんも大満足だ。

でも、私の周りのボランティア招待組は、確実に年齢層が高くて、ドリカムがよくわかっていない人も多かったみたい。

これは、帰り際の老夫婦の会話。


おばあちゃん:若い人の唄はよくわかんないね。名前も覚えられないし。ド…ド…ド…

おじいちゃんドムカリ。


ビシッと言い切ったおじいちゃんには、ある意味ほれたわ。


DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム
DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカムDREAMS COME TRUE

Amazonで詳しく見る

↓↓↓↓↓ランキング参加中↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方
にほんブログ村

人気ブログランキング